フェイスケア

近年、肌の内部構造や仕組みなどが解明されるにつれ、さまざまな美容成分が開発されてきました。

中でも、肌の状態を健やかに保つ成分としてコラーゲンが解明、開発されるようになってから、コラーゲン商品は大変多くの種類が登場しています。

中でも低分子化されたコラーゲン商品は、体内で分解されるまでの時間が短く、吸収率が良いとされています。

現在、経口摂取のコラーゲン商品では、ドリンクゼリーサプリパウダーなどのコラーゲンが登場していて、体の内側から補うことができるようになっています。

また、肌につける、ぬるタイプのコラーゲン商品も数多くあり、スキンケアでコラーゲンは非常に重要な成分として位置付けられています。

コラーゲンとはどのような成分なのでしょう?

では、コラーゲンとは、どのような成分なのでしょうか。

そもそもコラーゲンとは何?よく耳にするけどどんな成分?」でも説明していますが、コラーゲンはもともと人間の体の中に存在している成分です。

骨や血管の形成や、内臓や筋肉の維持や活動にいたるまで、全身のあちこちで働き、生命維持や人間の活動に欠かすことができません。

肌においても、保水という需要な役割や、肌のターンオーバーなどに深くかかわり、美容においてコラーゲンを欠かすことはできません。

しかし、この体内のコラーゲンは、年齢を重ねるごとに減少の一途をたどります。

コラーゲンの減少で、皮膚で言えばシミやしわたるみなどの年齢肌、体においては、関節の不具合や血管の柔軟性を欠くなどのエイジングサインになります。

コラーゲンを補う生活をすることが重要

減少してしまうコラーゲンを補うということは、健康や美容に取って非常に重要な事です。

このコラーゲンを補うということは、経口摂取という体内からの補充と、スキンケアによる外側からのサポートがあります。

経口摂取するのであれば、昨今さまざまな種類が発売されているので、自分の生活や好みに合わせた摂取方法が選択できるでしょう。

経口摂取のコラーゲン

  • ドリンクタイプのコラーゲン
  • サプリタイプのコラーゲン
  • ゼリータイプのコラーゲン
  • 錠剤、サプリ、粉末タイプのコラーゲン

これらのコラーゲンは、昨今分子の大きさを非常に小さくした低分子コラーゲンという、吸収しやすい形にしたコラーゲンの状態で含まれています。

低分子コラーゲンという分子の小さいコラーゲンにすることで、もともと分子が大きく吸収しにくかったコラーゲンを、無駄なく吸収できるようになっているのです。

関連して「コラーゲンペプチドって何?普通のコラーゲンとの違いは?」でも詳しく解説しています。

経口摂取するのであれば、低分子コラーゲンを配合しているコラーゲン商品を選ぶようにしましょう。

食事からコラーゲン摂取をした場合とは?

では、コラーゲン摂取をするために食事から摂取する方法はどうなのでしょうか。

確かに、普段の食事からコラーゲンを摂取できれば、一番良い事ですよね。

しかし実際に、美容や健康に必要なコラーゲン量を食べものから摂取するとなれば、たくさんの食材を食べなくてはなりません。

ちなみに、コラーゲン豊富な豚肉や魚類などで摂る場合ならば、豚肉や魚を煮たり焼いたりして料理して毎日大量に食べる事になります。

また、食中毒の流行る季節には、より注意が必要ですし、毎日飽きないようにメニューも変える必要があるでしょう。

それでは効率も悪く手間もかかる事になるのです。

そんな難点を克服したものが、摂取量の把握できるコラーゲンサプリメントをはじめとする経口摂取サプリメントです。

しかも、低分子化までされているわけですから、体への吸収率の面から見ても、効率の良さは言うまでもありません。

コラーゲンを過剰摂取してしまった場合

実際に、食事からコラーゲンを摂取しようと思うと、多くの脂やカロリーなどもたくさん摂取しがちになります。

コラーゲンを摂るつもりが、脂肪分を多く摂取しすぎて太りやすくなってしまったり、その太り過ぎが高脂血症や心不全などに繋がることにも。

しかも、食べものから摂取するとなると、低分子化されていないため、思った以上の効果を得るまで時間がかかりすぎたり、それと言って効果が出ていないなど残念な結果になりかねません。

たくさんコラーゲン食品を食べたのに、成果が現れない事に失望してしまうケースもあるでしょう。

経口摂取はコスパ面も良い!

経口摂取ができるコラーゲンサプリメントなどを利用すると、1日平均にすると100円前後の価格で試す事ができます。

最高のナノ技術を搭載して低分子化したコラーゲンにもかかわらず、この価格で、良質で浸透性、吸収性に富んだコラーゲンを適切な量で得られるのは、非常に画期的ですよね。

ちなみに、コラーゲンやその他の美容成分の含有量が多ければその分コストが多くかかる事があります。

実際には安価な商品から高額な商品までがあるわけですが、どちらが良い悪いではなく、継続できるかどうかでコラーゲン商品をセレクトする事が大切なのです。

コラーゲンの低分子化は各メーカーの長期研究の賜物!

コラーゲン商品を提供するメーカーは、コラーゲン商品をいかに、低分子化させ、浸透性、吸収性良くするかを長年かけて研究開発してきました。

コラーゲンの分子量をいかに低分子化するかは、そのメーカーの技術にかかっています。

こうして低分子化する事をナノ化と呼ぶこともあり、化粧品会社、食品会社、飲料会社、フィルム会社まで様々な分野からコラーゲンの低分子化技術の競り合いが行われ、その結果、より良いコラーゲン商品が販売されるようになったのです。

 コラーゲン低分子化と共に向上する他の美容成分

低分子化コラーゲンだからといって、大船に乗った気持ちでいるのはまだ早いかもしれません。

最近のコラーゲン商品はコラーゲン単体だけでなく、それを取り巻く様々な美容成分が豊富に含まれている事がほとんどでしょう。

それらの美容成分の浸透性や配合量などにも目を向けてください。

特にコラーゲンは体内に入ると、ビタミンCやたんぱく質の補助なしではうまく合成されません。

スキンケアでのコラーゲン

肌の健康や美容のためのコラーゲンスキンケア商品もたくさんの種類が登場しています。

スキンケアでコラーゲン配合という商品を選択することは非常に重要ですが、同時に配合しているコラーゲンは低分子コラーゲンである事も大切です。

肌の奥深くにまで浸透させなければ、本当に肌に良い状態を作りだすことはできませんから、コラーゲンの浸透力がキーポイントになるのです。

この際、分子の大きいままでのコラーゲンでは、肌の表面は保水できても、深層部分、肌の奥深くまで潤すことはできませんん。

肌を本当にケアするには、浸透力の高い低分子コラーゲンという分子の小さいコラーゲンを選ぶことが大切なのです。

スキンケア商品は「コラーゲン化粧品ランキング!美容効果と口コミを徹底比較!」でもまとめています。

低分子化ばかりじゃない!高分子化コラーゲンにも注目!

コラーゲンの低分子化ばかりが注目されつつありますが、実は高分子化コラーゲンも重要な役割を果たしています。

実際、コラーゲンが高分子化されたものは、皮膚の一番上の角質層という部位に水分を補い、外部刺激をシャットアウトするバリア効果を得る働きがあるのです。

一方、話題の低分子化コラーゲンは肌の弾力を保つ真皮組織まで、浸透、吸収されますから、肌の老化をストップして、アンチエイジングの効果が期待されるでしょう。

では、低分子化コラーゲン、高分子化コラーゲンどちらが良いのでしょうか。

答えは、どちらもバランス良く配合されていた方がパーフェクトな肌ケアができるという事になるのです。

コラーゲンの分子量や大きさによってコラーゲンサプリやコラーゲン配合スキンケアを選ぶ」も参考にしてくださいね。

実際に、低分子化、高分子化両方ともなされているコラーゲン化粧品は市場に出ていて、マルチにコラーゲンケアをしてくれるでしょう。

ですが、肌悩みが真皮層まで到達するような深刻な状態のときは、迷わず低分子化コラーゲン商品を選ぶユーザーの方が多いです。

低分子化されていても継続なくてはコラーゲン効果得られず!

低分子化されたコラーゲンはとても効率良く真皮層にまで働きかけたり、経口摂取にしても吸収性が良いことが十分理解できたでしょう。

ですが、この低分子化と言う言葉に安心してしまい、油断してしまう事が要注意です。

コラーゲン商品はどんなに口コミ評価が良くても、継続しなければ効果は実感できません。

それには、低分子化コラーゲンを選ぶのと同時に、価格や味などの続けられやすいかどうかのバランスを見据えながらセレクトしたいものです。

まとめ

コラーゲン商品は、昨今、大変多くの種類や摂取方法が開発、発売され、コラーゲンを摂取する選択肢も、かなり広くなってきています。

自分の生活にコラーゲンを上手く取り入れて、健康と美容を維持することが容易にできるようになっているのです。

せっかくコラーゲン生活を始めるのですから、吸収率や浸透力に優れたコラーゲン、低分子コラーゲンを厳選して始めるようにしましょう。

低分子コラーゲンが身近になり、健康法、美容法としても手軽に始めることが可能になった今、将来のためにすぐにでも始めてみましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank