経口摂取

コラーゲンは年齢とともにどんどん減少してしまうという性質があるため、外から補う必要があります。

コラーゲンは、タンパク質の一種で、大まかに分けると動物由来のコラーゲン魚由来のマリンコラーゲンがあります。

経口摂取で継続的にコラーゲンを補うことで、健康面でも美容面でも優れた効果を発揮しますから、減っていくコラーゲンを補うことは、人間の体の活動と維持に非常に重要な事です。

コラーゲンの経口摂取の重要性

コラーゲンは、年齢とともにどんどん減少して、30代や40代を迎える頃には、コラーゲン不足によるさまざまな体の変化があらわれるようになります。

コラーゲンが減少すると、関節の不具合や、肌の老化など、エイジングサインと呼ばれるコラーゲン不足による症状が出始めます。

不足した場合の詳しくは「コラーゲンが不足するとどうなる?コラーゲン不足にご用心」を参照してください。

コラーゲンを継続して摂取することで、減少していくコラーゲンにブレーキをかけ、体のさまざまな部分に出るエイジングサインの出現を遅らせるという効果を期待できるようになります。

しかし、コラーゲンは非常に吸収されにくいというタンパク質であるため、経口摂取した分が全て体に吸収されるというわけではありません。

効果的なコラーゲンの摂取方法は、良質なコラーゲンを経口摂取し、コラーゲンの経口摂取を継続することが重要なのです。

良質なコラーゲンを経口摂取する方法

お茶を飲む女性の口

食の安全が注目される中、私達は、良質なコラーゲンを経口摂取するのが大切です。

とは言っても、良質なコラーゲンは、どのように選んだら良いのでしょうか。

安全で良質なコラーゲン選びを!

安全性の高いコラーゲンは、長年の販売実績があったり、口コミなどの評判から伺う事ができます。

お目当てのコラーゲンがあれば、その商品を販売するコラーゲン会社が掲げている製造過程や、品質のこだわりなどを調べた上での購入が望ましいでしょう。

総合的に見て、原材料や、安全性に自信を持つ会社は、期限付きで返金保証などを設けている事が多いです。

粉末のコラーゲンパウダーランキング!効果と口コミで選ぶ!」も参考にしてみてくださいね。

食品アレルギーの方は慎重に!

経口摂取も、食品と同じようにアレルギーには、気をつけるべきです。

例えば、アレルギー源の多い動物性コラーゲンは特に気をつけるべきでしょう。

しかも、脂質が多いため、コラーゲンの吸収を妨げたり、太り気味や成人病の原因にもなりかねません。

ですが、マリンコラーゲンでも魚によってはアレルギー反応を起こしやすい人もいるため、自分がアレルゲンとするコラーゲンは何なのかをしっかり把握してから選ぶと良いでしょう。

また、忘れてならないのが、経口摂取にありがちな、サプリメントのカプセルにアレルギー反応を起こしてしまうケースです。

最近は、中のコラーゲン成分だけでなく、それを包み込むカプセルなどに使用される原材料の明記もされているので、しっかり確認してすべての安全性を確かめてから安心の飲用継続を目指しましょう

吸収率の良いコラーゲンを!

コラーゲンを多く含む食事を心がけ、食事に含まれるコラーゲンを摂取したつもりでいても、コラーゲン自体は分子の大きさが非常に大きく、吸収されにくいのです。

コラーゲンは、食事から摂取した場合、全てが体に吸収される事はありませんので、一日に必要な量のコラーゲンを摂取しようと考えると、吸収率のよいコラーゲンをとるということが大切になります。

吸収率については「コラーゲンの吸収率は?アップさせるためにはどうすれば良い?」も参考の上でコラーゲンを摂取してみてください。

コラーゲンが体に吸収されないのでは、どんなにコラーゲンを摂取しても効果を得ることはできません。

そこで、おすすめなのが、経口摂取するコラーゲンのタイプで、コラーゲンの分子量を非常に小さくしてある、言い換えれば、ペプチド化してあるコラーゲンを配合している商品を利用することです。

吸収しにくい分子の大きいコラーゲンを、吸収率を高めるためにペプチド化して、分子の非常に小さなコラーゲンにすることで、経口摂取したコラーゲンの大部分を体に吸収させることができるようになっている商品です。

コラーゲンは、年齢とともにどんどん減少してしまうということから、良質で吸収率の良いコラーゲンを、継続して経口摂取することが大切です。

コラーゲンの経口摂取!どんな商品がオススメ!?

コラーゲンを口から摂取しようと、心に決めたなら、次はどんな形状で取り入れるかが、ポイントです。

こうした経口摂取は、根気強く長期に渡って継続しなければならないため

  • テイスト
  • 形状
  • コスパ

などを、考慮しながら下記を参考に選びましょう。

持ち運びに便利なカプセルタイプ

女性の社会進出が増え、男性並みに営業や出張をこなす女性も多くなりました。

肌の乾燥や、関節の疲労はこうした出張先のホテルや外まわり営業でも発症しやすいのです。

そんな時カプセルタイプ、タブレットタイプのコラーゲンはとても便利です。

コーヒーやお茶に混ぜて飲用できる粉末タイプ

モデルやタレントにも愛用者が多く、ときよりその効果や飲み方をブログで紹介されている事も多い粉末タイプ

味や匂いが少ないので、コーヒーや紅茶に混ぜて、ティータイムのひと時に飲用するのがおすすめです。

ユーザーの中にはお味噌汁に入れてしまう事もあります。

味も楽しめるゼリータイプ

コラーゲンゼリーも、最近はニーズが高まりつつあります。

秘密は味や食感にあるでしょう。

スティック状の食べきりタイプが、ほとんどで、鉄分成分豊富なプルーン味や、誰にでも好評なヨーグルト味などの味自慢のゼリータイプもあります。

朝の忙しい人の軽食やオヤツ感覚で取り入れる人も少なくありません。

吸収率の良さが際立つ!ドリンクタイプ

贅沢なイメージや、ちょっぴり割高?と思いがちですが、水なしでも飲めて、粉末などと比較すると、分量などの計測もいらないドリンクタイプも人気です。

吸収率も良い商品が多いといえるでしょう。

ヒアルロン酸や、セラミドなどの潤い成分や、女性特有の冷え対策にも効果的な高麗人参成分などが配合されているタイプもあります。

また、瓶タイプだけでなくエコを重視した紙パックタイプもあります。

コラーゲンと同時摂取すると相乗効果を発揮する成分とは?

コラーゲンは単体では、なかなか吸収されにくいのが現状です。

合わせて摂取すると吸収率だけでなく、美肌や、健康の向上に相乗効果をもたらす成分をご紹介いたします!

エラスチン

コラーゲンと同じ真皮層に存在し、弾力にかかわる重要なエラスチンは、コラーゲンとともにしっかり補給してあげる事で真皮層の強化がさらに強まるでしょう。

コラーゲン、エラスチン、どちらのケアも同じように大切です。

エラスチンもコラーゲン同様、食事摂取だけではとうてい増やせない成分ですから、サプリメントに同時配合されているものなどを選ぶと良いでしょう。

コラーゲンとエラスチンの関係とは?化粧品やサプリで増やせば美肌に?!」でもエラスチンについてまとめています。

ビタミンC

ビタミンCは、どんな成分の吸収、代謝にも不可欠な成分です。

コラーゲン単体では吸収率が低くいので、相性の良い成分との併用摂取が望ましく、ビタミンCでしっかりフォローしてあげるのが理想的です。

実はビタミンCも熱に弱く摂取しにくいという問題をかかえている成分です。

それがビタミンC誘導体などに変化したことでさらに吸収率が高まりました。

ビタミンCも、コラーゲンとは似たもの同士で、繊細な分子構造ですが、2つの成分がタックを組めば、美容と健康へしっかり貢献してくれることは間違いないのです。

コラーゲンとの詳しい関係は「コラーゲンとビタミンC、それぞれの役割と2つの成分の関係性に迫る」も参照してください。

進化するコラーゲンサプリ!吸収率の心配は!?

少し前まで、「コラーゲンの経口摂取に期待はできない!」という考えと「コラーゲンの経口摂取は絶対効果的!」という全く正反対の意見があり、ユーザー側は困惑する事もありました。

前者の「コラーゲン経口摂取に期待できない」という考え方は、「コラーゲンの分子構造の大きさのせいでコラーゲンの浸透や吸収率を妨げてしまうのではないか…」という課題が根本的な理由でした。

この大きい分子構造が、美容や健康に幅広く良い効果をもたらすコラーゲンの素晴らしさを遮る問題点だったのです。

これには、各社、歯がゆい思いで試行錯誤を繰り返してきたでしょう。

こんなに素晴らしいコラーゲンの成分を、十分に浸透させられないのですから…

その後、各コラーゲン販売会社のコラーゲンの低分子化研究の開発は進み、現在では浸透性に自信を持ったコラーゲン製品が多数市場に出ています。

ですから、私達はコラーゲンの経口摂取に自信を持って挑むべきなのです!

まとめ

コツコツとコラーゲンを続けるということは、将来の健康や美容に大きな影響を与えることにつながります。

コラーゲンの重要性や、減少してしまうという事実、摂取すべきコラーゲンの質や分子の大きさと吸収率の関係などを理解し、その上で利用したいですね。

コラーゲンの経口摂取は、私達がセレクトに迷う程、豊富な種類が揃っています。

サプリメント、ドリンク、粉末、ゼリーなど、ライフスタイルに合わせた飲用が可能なのでぜひ、体内でコラーゲンを上手に増やし、健康も美容も整えましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank