fcdc09bd6d05a520af00a3cd424a702f_s

美容成分として名高いコラーゲンもさることながら、昨今、美容成分としてエラスチンという成分が脚光を浴びています。

エラスチンとコラーゲンの関係とは、いったいどのようなもので、それぞれどのような働きがあるのでしょうか。

コラーゲンとは?

コラーゲンは、タンパク質の一種で、人間の体の中にも、もともとある成分でもあります。

コラーゲンは、人間の体の形成や生命の維持に欠かせない成分で、内臓や血管関節筋肉までもがコラーゲンを必要としています。

美容成分としてのコラーゲン

美容の面においても非常に大きな役割を果たし、肌のハリやツヤ、乾燥から守るバリア機能など、肌の健康や美しさにとっては必要不可欠な成分です。

コラーゲンの驚くべき美容効果とは?」でも美容とコラーゲンについて詳しく解説しています。

コラーゲン不足に陥ると

このように体にとって無くてはならないコラーゲンですが、年齢とともにどんどん減少していくという性質があり、減ってゆくコラーゲンを補っていくことが大切となります。

コラーゲンが不足すると、関節や骨が代謝不足となり脆くなる、血管の弾力性が失われ血管年齢があがる、また肌の老化やシミしわなどのトラブルを起こす原因となります。

血圧との関係については「コラーゲンで血圧が下がる?コラーゲン摂取で血圧をコントロールしよう!」でも解説しています。

エラスチンとは?

エラスチンは、コラーゲン同様タンパク質の一種です。

どちらの成分も角質層の何層も奥にある真皮層に存在します。

体内でエラスチンが多く存在している部分は、骨と骨をつないでいる関節部分で、靭帯にとても豊富に含まれています。

エラスチンの役割

エラスチンは、コラーゲン繊維を結束する、いわばコラーゲンをまとめる役割を持っています。

美容の面では、コラーゲンとコラーゲンの結びつきを強化するほか、さらにヒアルロン酸を保持するという役割もあり、「コラーゲンとヒアルロン酸のダブル摂取が美容効果抜群!」でもくわしく解説しています。

エラスチンがコラーゲン繊維をしっかりと繋ぎ止めることで、肌はより弾力に富み、はりのある状態を維持できるようになります。

エラスチンの特徴

エラスチンも、コラーゲンと同様に、どんどん減少していってしまう成分です。

通常は、30歳代から徐々に減少し、40歳代では、殆どの女性がエラスチンの減少における様々なトラブルを感じでいるのです。

さらに皮膚内においては、エラスチンとコラーゲンは非常に密接な関係がある成分で、コラーゲンの生成が活発であれば、エラスチンも同様にして生成が促されることがわかっています。

エラスチンを含む食材とは

エラスチンを、含む食べ物は牛すじ手羽先、軟骨など多数ありますが、毎日摂取するとなれば、手軽に摂取できるサプリメントドリンクなどがオススメです。

また、コラーゲンを、サプリメントなどで摂取していれば、エラスチンの強化になるわけですが、いくらサプリメントでも別々に摂取するのは面倒という人は、エラスチンもコラーゲンもいっしょに含有されているサプリメントを、選ぶと重宝です。

最近の、こうした経口摂取に関しては、サプリメントだけでなく、ゼリーやドリンクタイプなどがあるため、継続しやすくなっています。

味も、フルーティーなタイプが多く、違和感なく飲用できるでしょう。

コラーゲンの経口摂取で得られる効果」でも経口摂取に関する解説を行っています。

コラーゲンとエラスチンの深い関係

コラーゲンとエラスチンには、このように深い関係性があります。

コラーゲン商品を選ぶ際には、エラスチンも配合されているものをチョイスするようにすると、今までのコラーゲン生活より、ずっと健康にも美容にも良いということです。

コラーゲンの生成とエラスチンの生成は比例関係にあり、コラーゲンが生成されることでエラスチンも同時に活発な生成が促されます。

つまり、エラスチン入りのコラーゲン商品を選ぶと、相乗効果でより高い効果を得られるということです。

コラーゲンとエラスチンを同時に摂取できるものであれば、肌はより活性化し、コラーゲンやエラスチンだけの場合よりも、もっと大きな美容効果を発揮することにつながります。

コラーゲンの構造は意外と硬い!?

実はコラーゲンは構造上、意外と硬めなのです。

人によっては、「まるでコラーゲンは銅線のような硬さ」と例えることも…。

そんな硬いコラーゲンを柔軟にしてあげるサポート役がエラスチンと考えます。

まるで、頑固な旦那様をサポートする女房役のようなエラスチンは、離れ離れにしてしまえば、どちらも頼りないものになってしまうでしょう。

ですからコラーゲンに良質なエラスチンを選んであげるのも重要になるのです。

冬場の乾燥や痒みにも効果発揮!コラーゲンとエラスチンのダブルパワー

コラーゲンとエラスチンを同時に摂取する事で得られる効果の1つに、寒い季節に生じるカサつき改善効果があります。

そのもろくなった細胞に刺激が入りやすくなるのも防いでくれるでしょう。

またそれに伴う痒みも緩和されたというケースも少なくありません。

コラーゲンだけを一生懸命摂取するよりも、エラスチンをプラスする事で数倍の潤い力や弾力が維持できるのです。まさに、鬼に金棒という言葉がぴったりですね。

冬のカサつきや痒みは、コラーゲンとエラスチンでしっかりガードし、真冬の厳しさも乗り越えましょう。アトピー性皮膚炎などの肌疾患を抱えた方にもぜひとりいれていただきたい潤い成分です。

アトピーにお悩みの方は「コラーゲンでアトピー改善!コラーゲン生活のススメ」も参考にしてくださいね。

女性特有の疾患や、不妊対策にも効果絶大なエラスチン!

エラスチンは、体内のあらゆる弾力強化に努める成分です!

関節などはもちろんですが…。忘れてならないのが大事な命を宿す女性の「子宮」です!なんと子宮組織のほとんどが、エラスチンで構成されているというから、驚きです。

という事は、子宮のエラスチンを増やしてあげることで、子宮内膜が厚くなり、生理痛不妊といった女性悩みに働きかけてくれるでしょう。

また、不妊に関しては「コラーゲンの不妊に対する効果!おどろくべき事実とは?」でも解説しています。

出産間近の妊婦さんの、はち切れんばかりの大きなお腹は、エラスチンが正常に働いているからこそ維持できているのです。

さらにエラスチンが正常であれば、産後の体型も見事に美しく戻る事でしょう。

現在お使いのコラーゲン効果に不満を感じたらするべき事

「コラーゲンだけを必死で何年も継続飲用しているのにもかかわらず、なかなか潤いやハリが戻らない」「関節痛も治らない」という人も少なくないでしょう。

ここですぐ諦めてしまうのはまだ早いです。

今飲用しているコラーゲンにエラスチン加えてみる事で、再び効果が得られるケースもあります。

丁度買い替える時のタイミングであれば、コラーゲンもエラスチンも同時に得られるタイプのサプリメント商品を選びましょう。

とても効率的に摂取でき、2つの成分サプリを別々に買い替えるよりもコストパフォーマンスが期待できます。

また、より体に吸収率させるために「コラーゲンの吸収率は?アップさせるためにはどうすれば良い?」も参考にしてみてください。

コラーゲンだけでなくエラスチン摂取も同時にした場合の効果

コラーゲンにエラスチンをプラス摂取すると、私たちの肌や髪はどうなるのでしょうか。以下にあげるのは、コラーゲンとエラスチンを同時摂取した結果得られる効果です。

  • 潤いがますますアップする
  • 関節痛が緩和した
  • 停滞していたサプリメントの効果が得られるようになった
  • のツヤが出て、ネイルアートが、楽しくなった
  • に潤いが出て天使の輪ができるようになった
  • 毛穴が目立たなくなった
  • 化粧ノリがバッチリ
  • 大人ニキビができにくくなった
  • 関節の動きがスムーズで、行動範囲が広がった
  • 生理痛が緩和された
  • 産後すぐに元のスタイルに戻った
  • 妊娠線が緩和された

妊娠中や授乳中の方は「妊娠中や授乳中のコラーゲン摂取はOK?妊婦に影響は?」も確認した上で、コラーゲン商品の使用を検討してみてください。

まとめ

コラーゲンとエラスチンはお互いを支え合い、相乗効果をもたらします。

だいたいのコラーゲン商品は、エラスチンを配合している事が多く、肌の弾力や保湿力の回復に多大なる効果をもたらすでしょう。

この2大成分は切っても切れない関係という事をしっかり覚えておくと、コラーゲン商品セレクトがぐっと効率よくなります。

また、コラーゲンとエラスチンは同等の量が同じタイミングで減少してゆくため、どちらも配合されている商品選びが重要なポイントになるでしょう。

どちらか片方の成分を何年も前から飲用しているのに、なかなか効果が見出せていない人は、コラーゲン、エラスチンどちらも同時に摂取してみてはいかがでしょうか。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank