テレビやメディア、雑誌などの美容や健康記事で良く取り上げられている成分に、コラーゲンという成分があります。

だれでも一度は聞いたことがあるような、この健康美容に効果のあるコラーゲンという成分、いったいコラーゲンとはどのような成分なのでしょうか。

コラーゲンの体内での働き

コラーゲンとはもともと人間の体に存在している成分で、コラーゲン自体はたんぱく質の一種です。

人間の体にある総タンパク質の3割をも占める割合があり、人間が活動し、生命を維持するためには必要不可欠なタンパク質だといえるでしょう。

人間の体において重要な成分であるにもかかわらず、コラーゲンは年齢とともにどんどん減少してしまうという性質があります。

そのため、食事などで外部から補っていく必要がありますが、体内で不足すると老化現象やエイジングサインなどのトラブルの要因を作りだす結果を招いてしまうこともあります。

エイジングサインの一つ、たるみとコラーゲンについては「コラーゲンでエイジングケア、リフトアップ効果抜群のコラーゲンのパワー」でも解説しています。

体内でのコラーゲンの役割は、主に細胞と細胞を結束させるということ、さらに水分を保持して、各所の潤いを保つという、2つの大きな役割があります。

関節の結合部分のつながりや、その部分の水分の保持という役目をすることで、関節のなめらかな動きや、スムーズな働きを促すという事につなげます。

また、筋肉の形成に大きく関係しているということもあり、人間の体とコラーゲンとは切ってもも切り離せないつながりがあるといえるでしょう。

さらに、細胞と細胞同士のつながりとしっかりとさせる働きがあるので、肌の弾力や潤いといった役割が大きく、コラーゲンによってハリのある肌を保つことができるようになります。

美肌を目指す方にもコラーゲンは有効ですので、「コラーゲンで乾燥肌にサヨナラ!コラーゲンが作りだす潤い美肌」も参考にしてくださいね。

コラーゲンにはこんな効果も!意外と知られていない効果とは?

コラーゲンといえば、ハリや弾力アップ!関節の動きをスムーズにしてくれるイメージばかりが先行されますね。

ですが、コラーゲンはあまり知られていない次のような効果も期待できるのです。

治癒力を高めるコラーゲン!

コラーゲンは、ケガをした時の修復を早めてくれるでしょう。

これは、けがをすると、線維芽細胞が傷を治すコラーゲンを生成しはじめます。

このコラーゲンの種類は主にⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンです。

コラーゲンにはいろいろな種類がある!コラーゲンの種類ごとの特徴」でも、種類によってどのような働きがあるのかを解説しています。

また、このコラーゲンが、傷を治そうと頑張れば頑張るほど、カサブタができはじめ、治癒力が高まっている状態になります。

ここで気をつけなければならない点は、コラーゲンは、熱や紫外線により破壊されやすいという事です。

傷を早く治したいのであれば、紫外線対策をしっかりとし、熱いものの近くに行かないなど、気をつけるべきでしょう。

バストアップ効果も期待できるコラーゲン!

美しいバストは女性の永遠の憧れですね。

バストアップブラなどで、脇肉を盛って作ったバストは、その時だけの偽りです。

バスト内の真皮層にあるコラーゲンをしっかり強化して、ハリや弾力のあるボリーュミーなバストづくりをしてみましょう。

コラーゲンのバストアップが安全で効果がある理由とは?」でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

ハリや弾力が欲しいのは、顔だけでなくバストも同じはずです。

特に、出産後の授乳期が終了したバストは、形もボリュームも低下ぎみです。そんな時がコラーゲン摂取の良いタイミングですね。

2種類のコラーゲンとは

コラーゲンには、大きく分けて2種類のコラーゲンに分類することができます。

まず、肉などに含まれる動物由来のコラーゲンと、そして魚などの海洋生物由来のマリンコラーゲンがあります。

動物由来のコラーゲンとは、肉や軟骨部分、鶏の皮などに含まれるコラーゲンのことをさします。

海洋生物由来のマリンコラーゲンとは、魚の皮やナマコ、うなぎやフカヒレなどに含まれている事が多いコラーゲンです。

動物由来のコラーゲンよりもマリンコラーゲンの方が分子が小さく、比較的吸収されやすいコラーゲンだといえるものです。

コラーゲンが多い食品、豊富に含む食べ物で理想の摂取を実現」でも解説していますが、食事で摂取できるこれらのコラーゲンには、限界があり、一日に必要なコラーゲンの摂取量には遠く及びません。

食事で得るコラーゲンとは別に、コラーゲンを補う必要があるといえるのも事実です。

研究が進む優秀なコラーゲン!

最近は、各社、研究開発が進んだコラーゲン商品が誕生しています。

コラーゲン自体が優秀であるはずなのに、どうしてそこまでコラーゲン商品を追求し続けるのでしょうか。

それには、コラーゲンのある特徴的があげられます。

各社が悩み続けたコラーゲンの問題とは?

どこの会社もコラーゲンの分子量の大きさに困難さを示していました。

分子量が多ければ多いほど、いくらコラーゲンが優秀な成分であっても浸透しないというデメリットがついてまわるからです。

このコラーゲンを独自の技術で低分子化する事で浸透がぐんと高まったのです。

コラーゲンのナノ化技術はとても注目すべき展開でした。

ですから、「コラーゲンを十分に取り入れたい!」と思ったら、クオリティの高いコラーゲン成分である事と、低分子化がしっかりなされているかどうかも確認する必要があるでしょう。

コラーゲン商品は低分子コラーゲンを配合しているものがおススメ」もあわせてご覧ください。

コラーゲンの効果を引き出す優秀な成分達!

コラーゲンは、人間でいうとちょっぴり気難しい存在であると思ってください。

というのは、コラーゲンと相性の合う成分を一緒に取り入れないと、体内でコラーゲンの生成がうまくいかずに、破壊されてしまったりもするのです。

ですから、コラーゲン商品をセレクトする時は、コラーゲン生成をする上で、とても役立つビタミンC、ビタミンB2などの配合も見逃さないようにしたいものです。

コラーゲン商品を利用してコラーゲンを補うことが大切

食品からコラーゲンを摂取することはできますが、どうしても不足しがちになってしまいます。

そのため、普段の食事から摂取するコラーゲンとは、吸収率が全く違う、コラーゲンペプチドを配合しているコラーゲン商品を日常に取り入れるということが重要です。

コラーゲン商品に含まれているコラーゲンは、低分子化された、非常に吸収率がよいコラーゲンペプチドを配合していて、体の中で吸収されやすくなっているので、コラーゲン摂取としては理想的な方法だといえます。

食品からのコラーゲンとは別に、日々不足しがちなコラーゲンを、コラーゲン商品でしっかりと補うという事を始めましょう。

コラーゲン商品をオススメしたい理由!

では、なぜコラーゲン商品をこんなにオススメするCMや雑誌の媒体が増えたのでしょうか。

実際にコラーゲンを1日の摂取目標通りに摂取するのは難しいと言えますね。

量もそうですが、コラーゲン食品は高カロリー高脂肪な食べ物が多く、これを毎日継続摂取すれば、美容目的なのに太りぎみになってしまったり、健康目的なのにメタボや成人病にかかりやすくかってしまったりする事も考えられます。

その点、コラーゲン商品は低カロリー、低脂肪な商品も多いため、ダイエット中や、健康維持を考える人には問題なく継続摂取できるのです。

また、コラーゲン商品にはコラーゲン単体だけでなく、美容や健康に良いとされる色々な成分が配合されているため、わざわざ色々な食材をまんべんなく取り入れなくても良いのです。

とても効率的に摂取できるのがコラーゲン商品の最大の魅力と言えますね。

美魔女の必須成分!コラーゲン

30代〜50代くらいまでの美魔女と呼ばれるような素敵な女性達!どんな化粧品を使えば年齢を感じさせずに美しいままでいられるのでしょうか。

実は、美魔女の女性達の多くが、なんらかの形でコラーゲンを摂取しているのです。

こうしたコラーゲン商品での摂取効果をブログや美容雑誌のコラムなどで賞賛している美魔女も少なくありません。

真皮層の元気のなさをしっかりサポートするコラーゲン!

美魔女と呼ばれる世代に多く見られるのが、ハリや弾力を保つ真皮層の活力低下です。

これらを復活させるには、良質で浸透力の整ったコラーゲンが必須です。

いくら美魔女とはいえ、年齢とともに減少するコラーゲンを維持するのはとても至難です。

「減った分は補う」という事が美の復活、維持につながるのです。

また、この時期、女性ホルモンバランスの乱れやすさもコラーゲンの低下につながります。

ですが、足りないコラーゲンを補う事で、更年期世代でも美魔女が増え続けるでしょう。

まとめ

美容、健康と幅広く活躍するコラーゲン。

調べてみると、とても繊細で、扱いづらい性質であるという事もわかります。

ですが、美容成分の中で、最も優秀で、人間の美しさを維持する事ができる成分である事には変わりません。

そんなコラーゲンのデメリット部分もしっかり克服したベストなコラーゲン商品を積極的に摂取し、イキイキとした人生を送りましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank