昨今よく耳にするようになったアレルギー。

アレルギーを持った人もひと昔に比べるとかなり増加し、アレルゲンとなる物質も増加の一途をたどり、さまざまなものがアレルギーの原因となっています。

しかし、アレルギー物質となる原因を突き止める技術や方法も進歩し、それぞれの人が自分にどのようなアレルギーがあるかをしっかりと特定することができるようにもなってきています。

そしてこの急増しているアレルギー反応、じつはコラーゲンにおいても無関係ではなく、コラーゲン摂取やコラーゲン商品の利用でアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。

自分に何らかのアレルギー症状がある人は、コラーゲンを健康維持や美容の実現に利用する際、経口摂取や肌にぬったりする際に注意しなければなりません。

 コラーゲンがアレルギーの原因となる場合

コラーゲンはさまざまなタイプのものがあり、現在ではコラーゲンを作りだす原材料も幅広く、コラーゲンは色々なものから生成されるようになってきています。

コラーゲンを何から生成するのか、生成前の原材料によってはアレルギー症状の原因となるものもありますので、アレルギーに注意が必要な人はその原材料となるものを正確に把握しておく必要があります。

厚生労働省が特定するアレルギーが多い食品

卵、乳、エビ、ソバ、カニ、いくら、落花生、キウイフルーツ、山芋、クルミ、バナナ、大豆、桃、ゴマ、鮭、イカ、サバ、カシューナッツ、リンゴ、松茸、アワビ、鶏肉、オレンジ、牛肉、ゼラチン、豚肉  など

これらのアレルギー原因のなかでも、コラーゲンの原材料として広く利用されているのが鶏肉や豚肉、牛肉などを用いた動物性コラーゲン、そしてサケやサバなど魚を利用しゲたマリンコラーンになります。

これらから作りだされるコラーゲンを摂取する際には、アレルギー反応に気をつける必要があります。

アレルギーを持つ人がコラーゲンを摂取するには

コラーゲンを美容健康に利用する際、アレルギーがある人はアレルゲンとなるコラーゲン材料に気をつけなければなりません。

コラーゲンといえば、動物性タンパク質が原材料として作られている場合も多くなりますが、じつはコラーゲンの原材料は動物性だけでなく、植物性の原材料から作られるコラーゲンもあります。

アレルギー反応が出る事が心配であれば、動物性コラーゲンを原材料とするものではなく、植物性の原材料をもとにして作られたコラーゲンを利用する方法もあります。

植物性コラーゲンの主な原材料

植物性コラーゲンを作りだす原材料としては、ニンジンや大豆、アーモンドなどがあげられます。

こうした植物に含まれているネバネバ成分や脂肪分が植物性コラーゲンとして利用されているのです。

こうした原材料から作られるコラーゲンであれば、鶏肉や豚肉、牛肉のほかにも、魚にアレルギーがある人でもコラーゲン摂取やコラーゲンの利用が可能になります。

植物性コラーゲンでもアレルギーがある場合があるので注意が必要

動物性コラーゲンに比べるとアレルギー反応が少ない植物性コラーゲンですが、植物性コラーゲンの中にもアレルギーの原因となるものはあります。

さらに植物にはアレルゲンがないからといって安心して植物性コラーゲンを摂取していたとしても、体調不良や急な体内部の何らかの変化により、ある日突然に植物性コラーゲンに対してアレルギー反応を示してしまうというケースも少なくありません。

植物性コラーゲンを摂取しているからといって安心せず、過剰摂取や体調の変化などをしっかりと見極め、的確な判断をしていくことが大切となります。

アレルギーが心配であればヒト型コラーゲンの検討も

動物性原料にアレルギーがある、植物性コラーゲンの摂取も心配という場合には、ヒト型コラーゲンを摂取したリ利用したリといった方法も検討してみましょう。

ヒト型コラーゲンであれば、人の体内にもともとあるコラーゲンと構造が非常に似通っているため、アレルギー反応を起こしにくいというメリットがあります。

ヒト型コラーゲンとはどのようなコラーゲンなのか

ヒト型コラーゲンの原材料となるものは、おもにカイココラーゲンとなります。

カイココラーゲンの遺伝子は人の体内にあるコラーゲンの構造と非常に似通っていて、少し遺伝子を操作するだけで人間の体内でアレルギーを起こしにくくすることができます。

美容クリニックで用いられるコラーゲンなどは、このカイコから作られるカイコ由来のヒト型コラーゲンを利用していることが非常に多く、アレルギー反応やその他の副作用が少ないとして広く美容や健康に活用されています。

まとめ

アレルギー反応の原因となるアレルゲンは人それぞれなので、アレルゲンとなるコラーゲンの原材料を避けることで、コラーゲンを美容や健康に賢く利用することは可能です。

コラーゲン商品を利用する際には、原材料やどのようなもの由来のコラーゲンなどを明記してあるようなコラーゲンを利用するようにしましょう。

自分にアレルギーがある人でも、工夫によってはコラーゲンを健康や美容に活かしていくことができます。

安心安全が確立されている信頼できるコラーゲン商品を利用すること。

コラーゲン商品の原材料をしっかりとチェックしアレルゲンとなるものが含まれていないかを確認すること。

利用して体や肌に変化がないかなどに気をつける事など、アレルギーと上手く付き合いながら賢く利用していくようにしましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank