痛風腫れ

風が吹いただけでも痛いというほど、強い痛みを伴うことから名がつけられた痛風

歳をとると、痛風になるという人も増えていく傾向にあり、痛風で悩んでいる人は数多く存在しています。

痛風になる原因とは?

では、痛風を発症してしまう原因は何なのでしょうか。

また、年齢とともに痛風患者が増加していくのはどうしてなのでしょうか。

痛風を発症する主な原因

  • 血中の尿酸値が過剰になってしまう
  • 内臓脂肪肥満型、いわゆるメタボによって代謝異常を起こす
  • 高血圧、高血糖であり、尿酸値も高い

痛風は、現在、成人男性のうち4人から5人に1人は、予備軍がいるともされている病気です。

また、そのほとんどが男性で、自分でも気が付かないうちに痛風予備軍に入っているかもしれません。

痛風を予防するには?まず食事内容の改善から

予備軍もふくめると相当な患者数が存在する痛風、予防する手立てとして、まず基本となるのが食事の改善です。

高尿酸血症の場合、果物の過剰摂取を控える

果物に含まれている果糖は、体内で尿酸を合成させる働きを促進します。

プリン体を多く含む食品の摂取を控える

高プリン体の食事は、痛風を悪化させます。また、プリン体は水に溶けやすいため、ゆでたり煮たりすることでプリン体の摂取を下げることができます。

アルコールを控える

アルコールを摂取すると、体内で乳酸に変化します。乳酸は、痛風の原因である尿酸を、体外へと排出する働きをよくせいしてしまいます。

野菜や海藻類を豊富に摂取する

アルカリ性食品である野菜や海藻は、体に良いだけでなく、尿酸を尿とともに体外へと排出する働きを促進します。

水分を多く摂る

尿酸を体外へと排出する唯一の手段は、尿で出すことです。尿によって、スムーズに尿酸が排出されるように、水分の摂取を多くします。

痛風を予防する、改善するためには、尿酸値を低くする努力が必要です。

そして、その尿酸値を低くするためには、肥満を予防し、食生活を改善することが大切です。

また、水分を多く摂取したり、アルコールを控えたりと、普段の生活を見直してみることが大切です。

痛風だからといって、栄養バランスや体に良い成分などの摂取を控えては元も子もない

痛風

痛風は、確かに食生活に気をつけなければならない病気ですが、だからといって、体に良い成分の摂取をしなくなってしまっては、健康を維持することができません。

そこで、痛風でも全く心配なく摂取できる成分がコラーゲンです。

コラーゲンは、痛風で痛む関節にも必要な成分

  • 痛風は急性関節炎、痛みは足に出る事が多く、耐えがたい痛みを伴う
  • はじめは足の指などの小さな関節炎、酷くなると足首やひざも痛むように
  • 腎臓に機能低下も引き起こす

痛風は、おもに足の関節に炎症を起こすということから始まります。関節炎が主な症状ですから、この炎症を鎮める成分の摂取が重要になります。

コラーゲンは、関節を形成する主な成分で、関節同士の結合や柔軟性、クッションの役割など、関節において、非常に重要な役割を果たしています。

コラーゲンが不足すると、痛風の症状が深刻化したり、コラーゲン不足、いわゆる関節の成分不足で修復が追い付かず、炎症がなかなかおさまらないといった問題を引き起こしてしまいます。

痛風でも、コラーゲン摂取は大丈夫?プリン体は?

では、痛風でも、コラーゲンを摂取することはできるのでしょうか。

実は、コラーゲン商品に入っているコラーゲンペプチドには、プリン体がほとんど入っていません。

関節に必要なコラーゲンを、プリン体の心配なく摂取できるコラーゲン商品は、まさに、痛風にもってこいのアイテムなのです。

痛風にこそ、コラーゲンのススメ

風が吹いただけで激痛が走るほどの痛みがある痛風、関節炎が主な痛みですから、関節によいコラーゲンを摂取したいのは山々だけど、コラーゲンを豊富に含む食べ物には、プリン体がたくさん含まれていて・・・そんな悩みを完全に解消するのが、プリン体をほとんど含まないコラーゲン商品です。

コラーゲンペプチドという形にして、体への吸収率を抜群にしているにもかかわらず、プリン体をほとんど含んでいないのですから、まさに、痛風患者にはうってつけの成分だといえるでしょう。

昨今では、ドリンクゼリーサプリパウダーなど、さまざまなタイプのコラーゲン商品が発売されていて、含んでいるコラーゲンは、どれもみなコラーゲンペプチドという形に低分子化してあります。

関節の形成や維持、修復や再生に大きな役割を果たすコラーゲンが不足していては、痛風の関節炎症もすみやかに行われません。

痛風で関節痛があるのであれば、すぐにでもコラーゲン商品を活用して、関節の主成分であるコラーゲンを摂取することを強くおススメします。

そしてまた、まだ痛風で関節炎になっていないという人も、痛風の関節炎はすぐ近くまで忍び寄っているかもしれません。

コラーゲンは、即効性もありますが、その反面、継続摂取で大きな効果を発揮するものです。

痛風で苦しむ前に、コラーゲンを摂取して、予防、備えをしておく必要があるのです。

まとめ

かつては「贅沢病」とも言われていた痛風、現代の飽食の世の中においては、痛風はだれにでも起こりうる現代病の一つだといえるのではないでしょうか。

美味しい食べ物にあふれ、プリン体の高い外食産業が反映する時代、コラーゲン商品などの健康を保つツールを活用して、自分の体の健康を守る事ができるのは、自分だけなのです。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank