da17cf783479373edc599b182005786b_s

鶏の部位のうちでも鶏皮は見るからにぷるぷるしていて、コラーゲンが胞ブナ部位であるといわれることも多い場所です。

しかし、その一方で、コラーゲンよりも脂肪の含有量の方がはるかに多く、脂肪の塊ともいえるという意見もあるのが現状です。

では、鶏皮は、コラーゲンが豊富な部位として積極的に摂取した方が良いのか、また脂肪の塊で高カロリー高脂肪のため、摂取は控えめにした方が良いのか、一体どちらの情報が正しいのでしょうか。

含まれているコラーゲンは動物性コラーゲン

鶏皮には確かにコラーゲンが豊富に含まれているのが事実です。

特に、鶏の体の部位のうち、良く動かし活動量が多い部分ほど、良質のコラーゲンが豊富に含まれているといわれています。

手羽先などの部分にはとりわけ豊富なコラーゲンがあり、その部分の鶏皮にもたくさんのコラーゲンがあることは確かです。

ただ、鶏皮に含まれているコラーゲンは、動物由来のコラーゲンとなり、コラーゲンの種類としては分子量の大きな、あまり吸収率の良くないコラーゲンだともいえるでしょう。

動物性コラーゲンについては「動物性コラーゲンのメリットとデメリットは?動物性コラーゲンを知る」も参照してみてください。

脂肪が多いのも事実

鶏皮にコラーゲンが豊富なのは事実ですが、それと同時に脂肪分もかなり含まれているのが現状です。

コラーゲンを摂ろうと食べ過ぎてしまうと、その分脂肪を過剰摂取してしまうことにつながります。

また、コラーゲンは鶏皮の部分に含まれるタンパク質であり、脂肪とは異なる成分です。「コラーゲン=脂?知っているようで知らないコラーゲンと脂の違い」でも詳しく解説しています。

鶏皮にはタンパク質よりも脂肪の方がたくさん含まれていますから、摂取のし過ぎには十分気をつけなければなりません。

鶏皮の良質なコラーゲンは人間の体には不可欠な成分

7fec40cffccb4b739666907a2c469daa_s

コラーゲンは人間の体内で色々な臓器や器官の形成、維持に大きな役割を果たしているタンパク質です。

関節、皮膚や腱などをはじめ、血管の強化、内臓の形成においても不可欠な栄養素です。

また、肌細胞の活性化、乾燥予防や、創傷の早期回復などの役割もはたしています。

しかし、体内のコラーゲン量は次第に減少してしまい、それとともに体の各器官の老化や不具合、劣化などが進行してしまうのです。

そのため、鶏皮などコラーゲンを多く含む食品を積極的に摂取し、体の中にあるコラーゲンの減少を食い止め、コラーゲンを補っていく必要があるのです。

カロリーの高い食品よりもサプリやドリンクを活用してコラーゲンを摂るのがおススメ

コラーゲンを含む食品については「コラーゲンが多い食品、豊富に含む食べ物で理想の摂取を実現」でもまとめていますが、総じて高カロリーであることが多いといえるでしょう。

そこで、減っていくコラーゲンを補うために有効な方法が、コラーゲンサプリドリンクを利用してコラーゲン補給を行うという方法です。

あまりカロリーを気にすることなく、コラーゲンを一度に大量に摂取することができますし、またコラーゲンの形状も低分子化していたりと、吸収率に優れた加工をして配合してあります。

また、摂取したコラーゲンの量もはっきりと把握することができ、コラーゲン摂取の目標量などもわかりやすくなります。

まとめ

鶏皮にはたくさんのコラーゲンが含まれていますが、脂肪が多いのもしっかりと配慮して摂取しなければなりません。

コラーゲンは人の体において非常に重要な成分ですので、鶏皮をはじめコラーゲンがたくさん含まれている食品と併用してサプリやドリンクなどを活用し、コラーゲン不足にならないよう気をつけましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank