8f188c6892afcb29102980e8432daaae_s

コラーゲンに満ち溢れた肌はみずみずしく、コラーゲンに満たされた体は関節筋肉の動きもスムーズ、だれもが憧れる身体を得ることができます。

年齢とともに減少していってしまうコラーゲンの減少にどこまで立ち向かうことができるか、それによって、将来の自分が大きく変わってきます。

では、一日の目標とすべきコラーゲン摂取量はどのくらいなのでしょう。

コラーゲンの1日の摂取量はどれくらいがベスト?

コラーゲンを摂取することは、肌にも体にも良いということを良く知られていますが、美容健康を考えたとき、一日にいったいどれくらいのコラーゲン摂取量を達成すればよいのでしょうか。

日本人女性のコラーゲン1日摂取量と、不足分の補給を考えてみましょう。

一般的な日本人女性の1日のコラーゲン摂取量はどれくらい?

コラーゲンは、体にはもちろん、肌に良い成分として認識されていますが、実際には、1日でどれくらいの量を摂取しているものなのでしょうか。

調査した結果、一般的に平均して日本人女性が普段の食生活から摂取するコラーゲンの摂取量は、およそ1900mgだという調査結果がでました。

20代から50代日本人女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴

しかし、美容や健康を考えたとき、達成すべき目標コラーゲン摂取量5000mg~10000mgだとされています。

一般的な女性の平均は1900mgですから、5000mgを目標とすると毎日3000mgのコラーゲンが不足しているということになります。

ダイエットによって食事を制限していたり、タンパク質の少ない食事内容になると、もっとコラーゲンの摂取量は少ないかもしれません。

しかし逆に、コラーゲンの摂取目標量を全て食事から補おうとすると、1日の摂取カロリーが膨大になってしまう可能性があります。

コラーゲンのカロリーはどれぐらいあるの?」でもお伝えしていますが、コラーゲン自体のカロリーは少なくとも、コラーゲンが含まれている食品は高カロリーなものが多いのです。

また、たとえ食事から5000mg~10000mgを摂取できたといっても、全てが効率よく吸収されるわけではありません。

コラーゲンは、分子の大きさが非常に大きいという特徴があり、摂取した量のすべてが吸収されるわけではないという難点があるのです。

コラーゲン商品は、この普段の食生活で補うことのできないコラーゲンの摂取量を満たすために利用すると良いでしょう。

コラーゲンが不足しているとどんな影響があるのかは、「コラーゲンが不足するとどうなる?コラーゲン不足にご用心」で解説しています。

摂取量にも期待できるコラーゲン商品に注目!

では、理想の摂取量の5000mgまでの不足分をどうしたらよいのでしょうか。

そこで、注目したいのが、コラーゲン商品です。

現在のコラーゲン商品に含まれているコラーゲンは、大部分がコラーゲンの分子を低分子化することによって吸収率を高めてある、優秀なコラーゲンです。

摂取したコラーゲンが効率よく体に吸収されるように作られているものが多く、摂取したコラーゲンを無駄にすることなく、体のあちこちで効果を発揮することができるようになっています。

効率よくコラーゲンを摂取したい方は、「コラーゲンの分子量や大きさによってコラーゲンサプリやコラーゲン配合スキンケアを選ぶ」も参考に、自分に合ったコラーゲン商品を選んでみてください。

毎日の食事で不足するコラーゲンをどう補うか、この点をしっかりと考えることで、肌の状態や体の健やかさが、大きく変わるといっても過言ではないでしょう。

摂取量が一目瞭然!のコラーゲン商品のメリット

素人では、通常の食材からコラーゲン摂取量を明確に計るのは困難です。

しかも、毎日の事ですから面倒で、手間もかかります。

一方、コラーゲン商品ならば、1日分の摂取量が分かりやすくなっています。

サプリメントゼリー粉末など摂取量が小分けにされていたり、軽量スプーンがついていたりと一目瞭然で、理想のコラーゲン摂取量が取り入れやすいため、簡易的で効率良く摂取できる最大のメリットがあります。

コスパの安定しているコラーゲン商品を選ぼう!

コラーゲン商品を選ぶにあたり、気をつけたいのは、自分の経済事情に合わせたコラーゲン商品をセレクトするということです。

コラーゲン商品は、原料や製法技術などによって安いものから高いものまであり、価格の幅が広いと言えます。

「この商品は高額だからコラーゲン効果が高そうだ!」と安易に手を出してしまうと、継続できなかったり、摂取量をケチってしまうなんていう事もあるのです。

まずは継続できるかどうかが、コラーゲン選びのポイントと言えそうですね。

30代を過ぎると減少の一途をたどるコラーゲンは、補給することが重要!

体内に存在するコラーゲンの量は、年齢とともにどんどん減少してしまいます。

減少していくコラーゲンにブレーキをかける方法、それは、毎日のコラーゲン摂取です。

まだまだ大丈夫、そう考えて何もしないと、コラーゲンの減少を放置するということになりかねません。

毎日少しずつ減少していくコラーゲンに気付く人は少ないでしょう。肌にハリがなくなったり、関節の動きが悪くなったりなどの決定的な症状が現れてから対策をしていては、改善に時間がかかってしまいます。

知らず知らずのうちに減っていくコラーゲンを、日常生活の中で意識的に補うようにしていくことが大切なのです。

そして、自分の体の中のコラーゲンは今どのくらい少ないのか、自分ではわかりませんよね。

以下にあげるチェック項目で、自覚症状を基準にコラーゲン摂取の足りなさをプチ診断してみましょう。

思いあたるチェック項目があれば、コラーゲン摂取量が足りないかもしれません。

コラーゲン摂取量が足りないかも!?プチ診断

  • 季節に関係なく肌が乾燥している
  • しわやたるみ悩みが増えた
  • シミやソバカスが増えた
  • 風邪などの感染症にかかりやすくなった
  • 膝などが曲げにくくなり、関節炎なども発症
  • 二枚爪や、巻き爪が気になる、にツヤがない
  • 更年期年齢である
  • 医療機関にて骨密度が低いと言われた
  • に潤いやハリがなくなり抜け毛も多い
  • 傷の完治が遅い

コラーゲンの摂取量を妨げる生活習慣に注意!

1日のコラーゲン摂取量を摂取できたから安泰というわけではありません。

コラーゲンを上手く取り入れられたとしても、様々な要因でコラーゲン摂取を妨げてしまう事もあるのです。

コラーゲンは繊細で、取り入れるだけでなく、維持させるための努力も必要になると言う事です。

せっかく摂取できたコラーゲンを体内で活かすには以下にあげる生活習慣に気をつけましょう

タバコやお酒はほどほどに!

コラーゲン生成に欠く事のできないビタミンCはタバコに含まれているニコチンや、飲酒によって破壊されやすくなります。

十分なコラーゲン摂取量を確保したいのであれば、過度の喫煙、飲酒は控えましょう

食事制限メインのダイエットを控える

体作りに必須とされているあらゆる栄養素は、食事制限を取り入れたダイエットによって摂取が難しくなるでしょう。

その中にコラーゲン生成を助ける栄養素もたくさん含まれているのです。

傍ら、コラーゲンを一生懸命摂取してもダイエットによって十分な摂取量が得られていない可能性が高いのです。

紫外線カットを十分に!

コラーゲンの天敵である紫外線!特にUVAはコラーゲンの存在する真皮層にまで深く浸透します。そして容赦無くコラーゲンを破壊します。

いくらコラーゲン摂取量を厳守していても紫外線カットをしない無防備な肌では、コラーゲンは生成されません。

紫外線は、曇りの日や、秋、冬こそ油断しやすいものです。そんな油断時期が、コラーゲンにダメージを与えやすくなります。

通年の紫外線カットを忘れずに行いましょう

無理のない運動が、線維芽細胞を活発化!

体を動かすと血流が良くなるため、コラーゲンを作り出す線維芽細胞を活性化してくれるでしょう。

軽いストレッチやウォーキングなどの無理のない運動で線維芽細胞に働きかける事で、その日摂取したコラーゲン摂取量がしっかり活かされます。

摂取量すべてを吸収できるわけではないコラーゲンの難しさ

コラーゲンは、タンパク質の中でも非常に吸収されにくいというのが特徴です。

毎日の食事での摂取量は、思ったよりも少ないという場合も考えられるということを頭に入れておかなければならないのです。

また、コラーゲンにはさまざまな種類や分子の大きさがありますが、分子が小さければ小さいほど吸収率が高くなるという特徴も持っています。

コラーゲン商品に含まれるコラーゲンの多くは、分子を小さくしたりペプチド化しているものが多く、体への吸収率をあげようと意図されています。

ペプチドに関しては「コラーゲンペプチドって何?普通のコラーゲンとの違いは?」でも解説しています。

こう考えると、コラーゲンを摂取しようと何らかのコラーゲン商品を始める時、コラーゲンの分子量や含有量という点に注目して選ぶようにすると、より多くのコラーゲンを体に取り入れることができるかもしれません。

コラーゲンの種類

コラーゲンには大きく分けて2種類のコラーゲンが存在しています。

一つは動物由来のコラーゲン、もう一つは魚由来のコラーゲンです。

コラーゲンの種類については「コラーゲンにはいろいろな種類がある!コラーゲンの種類ごとの特徴」にもまとめていますが、魚由来のコラーゲンの方が動物由来のものよりも分子が小さく、体への吸収率は高いとされています。

しかし、現在では技術の進歩により、動物由来のコラーゲンもペプチドという分子の非常に小さい状態にして含有していることがほとんどです。

つまり、動物由来のコラーゲンも魚由来のコラーゲンと同様に吸収率の面では問題がないようになっています。

また、コラーゲン商品にも、ドリンクゼリーサプリメント粉末など、さまざまな形状のコラーゲンがあり、摂取方法も千差万別です。

自分が摂取しやすい形のコラーゲンを見つけるということも、コラーゲン摂取量をアップさせるキーポイントになるのではないでしょうか。

コラーゲンの理想的な摂取量は?摂り過ぎは心配ないの?

一般的な日本人女性のコラーゲン一日平均摂取量は、1900mgです。食生活に気を使っている女性でも、だいたい2000mg~3000mgではないでしょうか。

しかし昨今は、わざわざ健康のために食事を抜いたり、食事の代わりになるドリンクなどを利用するというダイエットや健康法がもてはやされています。

コラーゲンは、そもそもタンパク質の一種ですから、肉や魚などに多く含まれている成分です。

肉や魚などの食事制限をしている方であれば、実際に摂取しているコラーゲンの量は、平均とされる1900mgを下回っていると考えられます。

一日のコラーゲン摂取の理想量は、5000mg~10000mgだとされていますから、この数値にはまったく届いていません。

コラーゲンは、摂取しすぎ、取りすぎを心配する人もいるようですが、実は日本人の女性の多くが、大幅なコラーゲン不足なので、取りすぎを心配する必要は無さそうです。

コラーゲンが多い食品、豊富に含む食べ物で理想の摂取を実現」ではコラーゲンを多く含む食材についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

不足分をどうやって補うかによって、将来が大きく変わってきます!

コラーゲンは、多くの人が知っているように、年齢とともにどんどん減少してしまうという特徴があります。

しかも、減少スピードは、年齢を重ねるとともにどんどん加速します。

このコラーゲンの減少にどうやってブレーキをかけるか、それを解決するにはコラーゲンを補うということが重要です。

コラーゲン商品の中には、5000mgや、多いものは10000mgものコラーゲンを配合してあるという商品もあり、取りすぎを心配してしまうということもあるかと思います。

コラーゲンの過剰摂取で副作用はある?」でも解説していますが、コラーゲンは日本人女性には慢性的に不足している成分であり、また年齢とともに減少していってしまうものなので、使用法や用量を守っていれば取りすぎを心配する必要はそれほどないのです。

また、コラーゲンの摂取量も意識したいけれども、やっぱりスタイルも維持したいからダイエットも同時進行したい!という人も少なくありません。

そんな、方のために、低カロリーコラーゲン商品などもあります。

取りすぎを心配するよりも、大幅な不足や減少してしまうということを心配するべき成分なのです。

まとめ

毎日の食事から理想のコラーゲン摂取量を摂取するのは難しいと言えます。

特に、ダイエットや食事制限をしている方には、1日のコラーゲン摂取量が明確なコラーゲン商品を上手に使用することをおすすめします。

自分のライフスタイルに合わせて、ゼリーやドリンクなどのコラーゲン商品をセレクトしたいものです。

日々減少していくコラーゲンを、どのようにして補い続けるか。それによって将来の自分の姿に、大きな違いが出ることになります。

女性にとっては健康にも美容にも重要な成分ともいえるコラーゲンですから、自分に合ったコラーゲン商品を見つけて、ぜひ今の健康や美容のためだけでなく、将来の明るい毎日のために続けてみてください。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank