捻挫

関節系の怪我でもっとも多いのが捻挫です。

しばらくの間痛みを伴いますし、痛めてしまった部分を固定したり、保全しなければならなくなるため、日常生活において非常に支障をきたす怪我でもあります。

そんな捻挫を早期に治し、関節の強化を図るには、コラーゲンを摂取することがおススメです

どうして捻挫にコラーゲン?

捻挫をするということは、関節部分の筋を衝撃によって伸ばした、または損傷した状態にしてしまうということです。

関節の結合部分の靭帯を修復することが、捻挫の早期改善につながるということになります。

靭帯の修復に欠かせない成分、それがコラーゲン

靭帯が切れたり損傷してしまう捻挫には、コラーゲンの摂取が望ましいとされています。

これは、捻挫をして損傷した箇所を固定をした際、損傷した靭帯の部分に、コラーゲンが集中して集まり、損傷個所を修復するということがわかっているからです。

捻挫した箇所を固定するということは、コラーゲンを集まりやすくし、捻挫の治りを早くするために行うものです

コラーゲンの摂取量で捻挫の治りも変わる

体内にあるコラーゲンの量は、捻挫などの怪我の治りの速さや正確さに深く関係しています。

幼い子供が転んだりして擦り傷を作っても、あっという間に治ってしまうのは、新陳代謝も関係していますが、体内のコラーゲンの量によるものです。

コラーゲンは、年齢が進むほど減少してしまうので、若ければ若いほど、怪我をした時の修復力に優れ、逆に、年を重ねるごとに怪我の治りが悪いということになります。

捻挫においても同様で、体内のコラーゲン量が少なくなるにつれ、つまり、年齢が上昇するごとに治りが悪くなるということになります。

捻挫をはじめとする、怪我の早期治療には、コラーゲン摂取が効果的

このようにして、コラーゲンは、人間の健康や美容だけでなく、体の修復や修繕においても大きな役割を持っています。

コラーゲンの不足した体は、傷や怪我を治療するための材料やパワーが不足してしまっている状態だということになります。

年齢とともにどんどん減少するコラーゲン、捻挫をはじめ、体を守るという観点からしても、毎日継続して摂取することが重要だということです。

摂取したいコラーゲンの形状

コラーゲンと一口に言っても、じつは、コラーゲンはただ摂取しただけでは、体に吸収されないという場合が多くあります。

また、コラーゲンを摂取しようとして、逆に健康を害してしまうというケースもあり、どのようなコラーゲンを摂取するかによって、その結果も大きく変わってくるのです。

コラーゲンペプチドなど低分子化してあるコラーゲンをえらぶ

コラーゲンはもともと分子の大きさが大きく、吸収率で言えば、良いとは言えない成分です。

そこで、昨今、コラーゲン商品の多くが、コラーゲンペプチドなど、分子の大きさを非常に小さくして吸収率を向上させているコラーゲンを発売しています。

このようなコラーゲンを選ぶことで、体に吸収される率をアップして、効率よいコラーゲン摂取が実現します。

コラーゲンは続けることが大切

捻挫などの怪我を治したり、体の修復に効果を発揮させるには、コラーゲンの継続摂取が効果的です。

コラーゲンを常に体内に満たしておくことで、いつ起こるかわからない捻挫などの外的要因による怪我だけでなく、体内でおこる異常や異変にまで効果を発揮することができるのです。

知らず知らずのうちに損傷している体内の各器官を修復する役割もありますから、ぜひコラーゲンの継続摂取を日常的にするようにしましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank