血圧計

コラーゲンといえば、美容に良い成分だということで大変有名ですが、その他にもたくさんの健康効果があるのをご存じでしょうか。

その多くの健康効果の中でも、注目すべきは、コラーゲンで血圧の上昇を抑えることができる、コラーゲン摂取によって、血圧をコントロールできるという点です。

体が老化していくにつれて、体内の血管も強度やしなやかさ、柔軟性が劣化してきます。

コラーゲンはこの血管に非常に大きな効果を発揮することができるのです。

コラーゲンと血圧の関係を調べてみましょう。

コラーゲンは、血管を形成する重要な成分

実は、血管の外壁などを形成している成分のほとんどがコラーゲンでできています。

このコラーゲンが不足すると、血管は柔軟性やしなやかさ、強度や修復機能を失ってしまいます。

血管の劣化でおきる病気や、血圧の上昇などが起こるようになってしまう、大きな原因を作りだしてしまうのです。

コラーゲン不足は、直接血管の質と関係しているため、コラーゲンが不足しないように、常に補うということはとても大切な事なのです。

コラーゲンが減少することでおきる血管に伴う病気や症状

血管内にコラーゲンが不足して、血管の質が低下したり弱くなったりすると、いったいどのような病気になったり、症状を発症したりするのでしょうか。

血圧の上昇

血管内のコラーゲンが不足することで、血管は本来の強度や弾力を失います。

このような状態の血管内は、血液が通りにくくなり、血流の悪化を起こしてしまいます。

血液は通りにくい血管内を無理矢理通ろうとするので、血圧が上昇するということにつがなるのです。

動脈硬化

血管がコレステロール不足に陥り、柔軟性を欠くと、血管内の壁に沈着物が付着しやすくなります。

この沈着物とは、あの有名なコレステロールであったり、血小板が固まりついてしまったりする場合もありますが、この付着物によって、血管内の血液の通り道が狭くなります。

すると、動脈硬化を引き起こしてしまうということになるのです。

コラーゲンを継続して摂取することの大切さ

コラーゲンは年齢とともにどんどん減少の一途をたどります。体に必要なコラーゲンを維持するためには、外側からどんどん補っていく必要があるのです。

しかし、コラーゲンはもともと分子量の大きさが非常に大きく、体に吸収されにくいという性質を持っています。

では、コラーゲンを効率よく補い、血管の健康を維持、そして血圧を良好な状態に保つためには、どのようにしたらよいのでしょうか。

コラーゲンペプチドなど、低分子化されたものを選ぶ

コラーゲンを効率よく吸収するためには、分子の大きさを小さくした、つまりペプチド化したコラーゲンを選んで利用するようにしましょう。

食べ物に含まれているコラーゲンよりも、ずっと吸収効率が良く、摂取したコラーゲンを無駄にすることなく、吸収することができます。

継続して摂取するように心がける

コラーゲンは、短期間の摂取では、本来持っている健康効果を発揮することが難しくなります。

血圧の安定や血管年齢に対して効果を上げようとするのであれば、長期間、コツコツをコラーゲン生活を続ける事が最も効率的だといえるでしょう。

コラーゲンの継続摂取で、血圧が驚くほど下がり、血管年齢も下がるというはっきりとした研究結果が存在していますから、コラーゲンを続ける事が血圧や血管年齢に良い影響を与える事は事実です。

自分の続けやすい形のコラーゲンを選ぶことで、より快適に継続できる

現在、コラーゲンを含むコラーゲン商品は、さまざまなタイプのものが登場しています。

利用する側の選択肢は、生活スタイルに合わせて、自分に合ったコラーゲンの摂取方法を選択することができるようになっているのです。

ゼリードリンクサプリパウダーなど、いろいろなコラーゲンのタイプがありますから、自分の生活の中で、取り入れやすい、そして続けやすい形のコラーゲンを見つけることで、より快適に、コラーゲンを継続することができるでしょう。

最近の研究では、なんとコラーゲンは血糖値の上昇を抑える効果もわかってきた!

このように、美容、健康、体内に存在する血管の形成や維持にまで、とても大切な役割を果たしているコラーゲンは、人間に取って、必ず必要な成分であり、継続して摂取し続け、減少していく分を補っていかなければならないということがわかりました。

しかし、実は、コラーゲンには、最近の研究でわかってきたもっと驚きの結果があるのです。

コラーゲンは、血管や血圧に大変効果がありますが、その他にも血糖値の上昇においても、抑制するという効果がわかってきました。

血圧上昇に深く関係している酵素の働きを阻害するという役割とともに、血糖値の上昇をも抑えることが研究で明らかになっています。

まだ、海外での臨床試験の段階ではありますが、糖尿病を患っている患者に、コラーゲンを低分子化したコラーゲンペプチドを摂取させた結果、血糖値、拡張期血圧の低下が見られたという研究結果が出ています。

このようにして、コラーゲンは、血圧や血管だけでなく、体のあらゆる部分で大変優れた役割を果たすことができる成分です。

そして、コラーゲンは、現代の技術で、いろいろな摂取方法が確立されていて、安心して続けられるように開発が進んでいます。

まとめ

自分の体を自分で守るために、今すぐにでもできる事、それは、コラーゲン生活を始めることではないでしょうか。

今だけではなく、将来もずっとずっと健康で快適な生活をするために、コラーゲンを摂取する生活を、今すぐに始めてみましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank