ストレッチ

コラーゲンと聞くと、美容に良い成分で、肌のハリやツヤ、たるみを改善することができる成分だといういうことは良く知られている効果です。

しかし、コラーゲンは、美容的な面の効果だけでなく、健康面でも大変良い効果がいくつもあります。

特に、減少していくコラーゲンが原因で不具合をおこす、関節という部分においては、コラーゲンは非常に重要な役割を果たしています。

コラーゲンと関節の密接な関係をまとめました。

コラーゲンの関節での役割

コラーゲンは、や関節の状態を良好に保つために重要な役割を担っています。

  1. 骨の強度やしなやかさを保つ
  2. 骨と骨のジョイント部分となる関節に必要な成分
  3. 関節の成分の約20%を占めるのがコラーゲン
  4. 関節の間のクッション材となるヒアルロン酸の合成を促進させ、動きの滑らかさを保つ

このように、コラーゲンは、関節やその周辺部分の骨、軟骨の形成や維持において、非常に重要な役割を果たしていることがわかります。

関節のために摂取したいコラーゲンの種類

コラーゲンは非常に重要な成分ですが、では、関節の形成や維持のために、どのような種類のコラーゲンを摂取するのがよいのでしょうか。

摂取したいコラーゲンの形状

  1. 体に吸収されやすく低分子化されている
  2. 関節部分に多く存在するコラーゲンの形状である、Ⅱ型コラーゲン
  3. 関節に届けるため、経口摂取できるコラーゲン

経口摂取できるコラーゲンには、ゼリータイプサプリタイプ粉末タイプドリンクタイプなどがあります。

コラーゲンは、もともと分子の大きさが非常に大きいという特徴があります。

そこで、吸収率をアップさせるには低分子化されているものを選ぶことが重要です。

Ⅱ型コラーゲンとは?その他、併用したい関節に良い成分

関節に良いとされるサプリメントを選ぶ時に、真っ先に耳にするのがコンドロイチンや、グルコサミンという成分ではないでしょうか。

テレビCMや雑誌にもこの2つの成分の名称が際立ちます。

ですが、これらの成分だけを継続摂取していても、なかなか効果が見出せないでいるユーザーも少なくありません。

実はコンドロイチンやグルコサミンは、経口摂取すると体内でアミノ酸に変化します。

そこから、体の関節をスムーズに動かす成分に変化することは、まだ完全に立証されていません。

そこで、最近注目されているのが、経口摂取からアミノ酸に分解されずに、そのままのスタイルで吸収される非変性II型コラーゲンです。

II型コラーゲンは、コラーゲンの中でも、最も多く関節に存在しているコラーゲンです。

さらに、Ⅱ型コラーゲンには変性と非変性があり、それぞれ吸収のされ方と、その後の活用プロセスに違いがあります。

変性Ⅱ型コラーゲンは、グルコサミンなどと同じく、体内に吸収されるとアミノ酸に分解されて、コラーゲンなどの材料として活用されます。

しかし、非変性Ⅱ型コラーゲンは、体内に吸収されるとそのままの形で活用されやすく、膝などの悩みのある箇所に効果が届きやすいのが特徴です。

詳しくは「2型コラーゲンの効果効能とは?たくさんある種類の中でも注目すべきコラーゲン」でもまとめています。

コンドロイチンなどを長年摂取しても、なかなか関節の不具合が改善されないという方は、非変性Ⅱ型コラーゲンをプラスすることを検討してみてください。

膝関節のお悩みには

膝関節の悩みに特化した商品に、「皇潤極」があります。

ロングセラー商品の皇潤シリーズから、膝関節の可動柔軟性に着目した商品です。

膝関節への効果が期待できる非変性Ⅱ型コラーゲンがしっかりと配合されており、研究でもその効能が証明されています。

今現在、膝に対する不安を抱えている方にオススメです。
>>皇潤極の公式サイトはこちら

コラーゲンをオススメしたいこんな症状とは?

私達は、年齢を重ねれば重ねるほど、肌や関節内に存在するコラーゲンが減少していきます。

このような事は、誰しもに起こる老化減少のひとつです。

それを歳だから仕方ないと諦めてしまうのか、これ以上減らさないでまだまだ若い頃のように趣味やスポーツを楽しみたい、と前向きに考えるのかで、残りの人生の楽しみ方が変わってくるでしょう。

今現在以下のような症状や生活習慣はありませんか?

  • 朝起き上がる時になんとなく膝がミリッとかすかな音をたてるような違和感がある
  • 階段の上り下りが辛くてずっとエレベーターやエスカレーターを使用している
  • いつのまにか、正座ができないくらいに膝に痛みがある
  • 会社ではいつも同じ姿勢でいる事が多い
  • 明らかに運動不足である
  • 肉や魚を食べないベジタリアンである
  • 肥満ぎみである
  • 女性の40代以上である
  • 髪や肌にも弾力がなくなってきた
  • 二枚爪などの爪疾患にかかりやすくなった

これらのどれかに思いあたる症状や生活習慣があれば、生活改善するとともに、コラーゲンを積極的に摂取すべきでしょう。

項目にもあるように、関節の劣化が、年齢を重ねた人だけの症状だけでなく、若い人でも生じる事を念頭に置いて、常日頃から関節の動きがスムーズかどうかをチェックしておく必要があります。

また、関節だけでなく、コラーゲン不足で生じる様々な体のパーツの不具合にも注意すべきです。

また、早めの摂取がより早く関節の不調を緩和してくれますよ。

望ましいコラーゲンの一日摂取量

コラーゲンの一般女性一日平均摂取量は、1.900mgくらいだとされています。

これに対して、関節の維持や組織形成を考えた場合の、一日に必要なコラーゲンの摂取量の目標は、5.000~10.000mgです。

コラーゲンは、一日に摂取したいとされている量に、程遠く及ばないという現実があります。

また、コラーゲン豊富な食材は、味付けが濃厚であったり、高カロリー、高額なものが多いため、肥満や成人病リスクをあげたり、家計も圧迫しかねません。

無理に食材からたくさん摂取する事を考えずに、安全なコラーゲンサプリメントなどに委ねてみてはいかがでしょうか。

このようなコラーゲン不足を補う方法として、もっとも効率的な摂取方法は、やはり、コラーゲンを大量に含有している、コラーゲン商品の利用だといえるでしょう。

コラーゲン商品を選ぶ上で大切な事に安全性や継続しやすい形状、コストなどが、あげられます。

こうした、サプリメントを摂取し、効果を出すには、長く飽きずに飲用し続ける事なのです。

日本人はできるだけコラーゲンを摂取するべき!

少し前までは、コラーゲンといえば今よりも更に美しくなりたい人の美容成分という感じで、贅沢品のようなイメージすらありました。

ですが最近は、関節などの不具合に積極的に使用される事が多くなりつつあります。

これには、関節になんらかの病変や、違和感などを抱える日本人が増えたことが要因として考えられます。

その理由には、高齢化という社会問題もあり、65歳以上の高齢者のうち3人に1人はなんらかの関節不調を感じていると懸念されているのです。

健康寿命という言葉を聞いたことはありませんか?

健康上の問題がなく日常生活を送れる期間のことで、実際の寿命とは約10才ほどの開きがあります。

例えば、膝関節に問題が生じると、外出が億劫になり活動量が低下し、最終的には寝たきりになる恐れも。

また、女性の更年期世代は、コラーゲン生成に関係する女性ホルモンがグーンと減る事があります。

急に膝などの関節炎が発症しやすくなるため、コラーゲンを摂取する事に積極的になりましょう。

世代、性別問わずちょっぴり前よりも膝が動きにくいな?と思った時が、コラーゲン摂取の初めどきです!

まとめ

コラーゲンを継続して摂取することによって、いつまでも元気で若々しい体を保つことができますし、関節以外の部分も健康的に年齢を重ねる事ができるようになるでしょう。

特にコラーゲンの中でも、体内の中で分解されずに、具合の悪い関節に効果をもたらす非変性II型コラーゲンには、注目すべきです。

その他の、関節に良いとされるコンドロイチンやグルコサミンなどと併用する事で、さらなる相乗効果が期待できます。

今まで、コラーゲンは美容だけのイメージだった人は、こうした関節不調にまで効果が見出せる有効成分である事をぜひ理解して、積極的に摂取してほしいものです。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank