3f3b38efbb9a09859553dcf94275ac77_s

コラーゲンヒアルロン酸は、どちらも美容において重要な成分であり、美容を気にする女性の多くは、これら2つの成分の重要性を認識しています。

コラーゲンとヒアルロン酸を同時に摂取することで、より美しい自分を実現することができます

ですが、これらを食品で摂取するのはなかなか難しく、どちらの成分も高カロリー食品が多く、過剰に摂取してしまえば肥満などの悩みにも発展してしまうでしょう。

コラーゲンの働き

コラーゲンはもともと人間の体に存在している成分で、人間の体を維持したり、活動をしていく上でも重要な成分だといえるでしょう。

食事から摂取するコラーゲンは、分子の大きさが大きく、体への吸収率が悪いという難点があります。

そのため、必要量を摂取するのであれば、食事からだけでなく、コラーゲン商品を利用するという方法が大変有効な手段だということになります。

コラーゲンは、体内で筋肉の形成に関わったり、内臓機能や血管の柔軟性や機能などにも関係する大切な成分です。

また、コラーゲンが不足すると、肌は弾力やハリを失い、しわやたるみが目立つようになってきます。

肌荒れを防ぎ、肌の健康を守るコラーゲン」でも解説していますが、コラーゲン不足により潤いや保水力が失われると、肌は本来のバリア機能をなくし、外部の刺激をもろにうけてしまうことにもつながるからです。

コラーゲンは、体の内側においても、肌においても、大変重要な働きを持っているのです。

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に多く存在している成分で、体の各所で水分保持やクッション材のような役割をしています。

関節や軟骨、目の硝子体などに多く含まれていて、衝撃の緩和作用や、保湿組織形成の維持など、重要な役目があります。

さらに肌においては、真皮の部分に多く含まれていて、肌の水分保持に大きく関与している成分です。

ヒアルロン酸が満ち溢れている肌は、水分が十分に保たれ、みずみずしさをもった肌になります。

一方でヒアルロン酸が少なくなった肌は、水分が不足して枯れているような状態なので、肌のハリがなく、表面も乾燥しているような状態になってしまうのです。

現代病であるドライアイも緩和!

パソコンやスマホとの付き合いが長くなればなるほど、目を酷使して、目の乾きがエスカレートします。

また、コンタクトレンズユーザーも増えて、目の乾きやすい環境下におかれています。

こうした現状をドライアイとよびますが、ドライアイがさらに、目の深刻な病気に発展する事があります。

ドライアイ予防のためにも、目薬で外部ケアをしたら、内側からからヒアルロン酸摂取してあげるのが良いでしょう。

目の内側からヒアルロン酸の効果である潤いが感じられて、不快な目の乾き予防になります。

目の乾きは、目薬ばかりに頼るのではなく、ヒアルロン酸摂取に力を入れてあげると十分な潤い効果が得られるでしょう。

髪のまとまりに変化が現れる!

ヒアルロン酸は、髪の保湿にも効果を与えてくれるでしょう。

継続する事で朝のドライヤーやヘアアイロンでのダメージを抑えて、静電気もおきにくくパサパサ感も気にならなくなるのです。

また、ヒアルロン酸で満ちた髪は、スタイリングもきまりやすく、今流行りのドーナツポニーテールや、ツイスト系まとめ髪などのアレンジヘアも簡単に綺麗にできてしまいます。

いっぽうで、コラーゲンは髪に艶を与えてくれるので、ヒアルロン酸とのタッグで髪をいたわりましょう。

コラーゲンは髪にも良い!コラーゲン摂取で艶髪へ大変身」でも詳しく解説しています。

インナードライ肌もヒアルロン酸効果で内側から緩和!

乾燥肌なのか、オイリー肌なのか、どっちか自己判断しにくいインナードライ肌!

いくら表面を潤しても、時間が経過すれば、またすぐにツッパリ感で、不快な気分になりますね。

インナードライ肌は、名称通り、内側の水分量が減少する事で生じる隠れ乾燥肌であるため、化粧品だけでの水分補給だけでは、症状緩和が難しいケースがほとんどです。

このような時、内側からヒアルロン酸摂取を取り入れてあげるとインナードライ肌が改善に向かうでしょう。

もちろん、現在インナードライ肌の症状が出ていなくて、将来を見据えての予防策としてヒアルロン酸をプラスするのも良いでしょう。

コラーゲンとの同時摂取でさらなるアンチエイジング効果が期待できるのです。

より効果を高めたい場合は「コラーゲンの吸収率は?アップさせるためにはどうすれば良い?」も参考にしてみてください。

ヒアルロン酸でアンチエイジングする女性が多発!

ここ数年、ヒアルロン酸を注入する人が増加しています。

こうした注入は、直接ヒアルロン酸を皮下に注射するやり方で、乾燥がひどい人や、しわやたるみがちな肌の人からのニーズが高いのです。

また、ヒアルロン酸にプラスしてコラーゲン注射をしなければ、十分なアンチエイジング対策が得られないでしょう。

こうした美容外科治療のメリットは、打った瞬間に効果が現れるという点です。

ですが、こうした医療注射は、数ヶ月の持続期間後に、再びヒアルロン酸を打つなど、通院や費用の捻出などが必要となり、注射が打てる人は時間があって自由診療に対しての費用の準備ができる人などに限られてきます。

また、アレルギー体質の人は、カウンセリングやアレルギー反応のチェックを怠らないようにしなければならないでしょう。

こうした美容外科治療と家庭でのコラーゲン、ヒアルロン経口酸摂を並行している女性も多く、さらなるアンチエイジング効果をもたらしているケースも少なくありません

まさに、コラーゲンやヒアルロン酸の取り入れ方は十人十色と言えます。

いまや、美容の王道であるコラーゲン、ヒアルロン酸を取り入れるケアは若返り美容の基本にまでなっています。

自分はどんな方法ならば、継続できるのかを考えて、いち早く今からスタートできる方法にチャレンジしましょう。選ぶポイントとしては

  • アレルギー反応の有無
  • 継続できるコスパ
  • 安全性
  • 浸透性
  • コラーゲンだけでなくヒアルロン酸やその他の相乗効果を得られる成分の有無

などがあげられます。

ヒアルロン酸入りのコラーゲン商品で同時に補うのが理想

コラーゲンもヒアルロン酸も、どちらも大変重要な成分のため、お勧めする摂取方法としては、コラーゲンとヒアルロン酸が両方とも配合された商品を利用することが一番の方法です。

コラーゲン、ヒアルロン酸、どちらが欠落しても、健康や美容は実現しません。

お互いの成分や特徴を補いながら高めてくれる関係性を持っているのです。

また、どちらの成分も、高価な原料が多いため、単品のサプリメントをそれぞれ用意するのは、コスパ的にも理想的ではありません。

そう考えれば、選ぶのであれば、コラーゲンもヒアルロン酸もどちらも配合してある商品を選べばよいのです。

パッケージの成分表示を見れば一目瞭然で、どのような成分が入った商品なのかがわかります。

また、この2つの成分に加えて、アミノ酸ビタミンCなど効能をアップさせる成分が配合されているものや、他の美肌成分であるエラスチンや、プラセンタ成分なども配合されているようなマルチな商品もあります。

成分表示をしっかりと確認することで、より画期的な経口摂取ができるでしょう。

より効果を高めるためには「コラーゲンを摂取するタイミングはいつがベスト?」で摂取のタイミングを解説しています。

健康で、美しい未来の自分を実現したいのであれば、選ぶ商品は、ぜひコラーゲンとヒアルロン酸両方が入っている商品を選択するようにしましょう。

まとめ

コラーゲンの効果が期待される中、同時に潤い効果の高いヒアルロン酸も注目されています。

ヒアルロン酸は、高い潤い効果で、ドライアイや、インナードライ肌の対策にも効果を発揮します。

コラーゲンと同時摂取をする事で相乗効果が期待され、単体成分で摂取するよりも、健康や美容に良い効果をもたらしてくれるでしょう。

そんな、美容健康にあらゆる効果をもたらしてくれるコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分は、化粧品で補う事も大切ですが、体の内側からも、サプリメントなどで摂取してあげる事で充分な効果が期待できます。

cosme-rank

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank