042a976ba579888b5ac2352199351afc_s

美容健康によいとされているコラーゲン、では、コラーゲンは美容や健康のためだけに摂取すれば良い成分なのでしょうか?

コラーゲンを摂取するというと、若々しい肌を維持するために、また、関節などの強化や改善などのために摂取するということばかりが取りだたされていますが、果たしてコラーゲンの役割はそれらの改善や解消だけに留まるものなのでしょうか。

実は、コラーゲンは人間の体や生命の維持に非常に重要な成分で、コラーゲン不足に陥ると深刻な状態を招いてしまうこともある大切な成分です。

年齢とともに合成する量が減少してしまうコラーゲン、では、コラーゲンが不足すると私たち人間の体はどのような状態になってしまうのでしょうか。

ここでは、コラーゲンが果たす私たちの体への重要な役割、またコラーゲン不足が原因でおこってしまう深刻な体の状態をご紹介します。

コラーゲン摂取の大切さを知って、ぜひ体のさまざまな器官の状態維持、機能アップを図ってください。

体内にあるコラーゲンの特徴

私たちの体は、もともとコラーゲンを自分たちの体内で合成することができるようにできています。

しかしながら、コラーゲンの合成量は、20代を過ぎるとどんどん減少しはじめ、コラーゲンを合成する力も衰えてきます。

コラーゲンはタンパク質の一種なのですが、そのコラーゲンは私たち人間の体に存在するすべてのタンパク質のうちの3割以上を占める大切な成分です。

年齢を重ね体内でのコラーゲン合成能力が落ち、コラーゲンが不足してくるようになることで、さまざまなトラブルや機能障害を招きます。

では、コラーゲンが不足すると、どのようなトラブルが生じるのでしょうか。コラーゲン不足によって陥りがちなさまざまなトラブルを見ていきましょう。

肌の衰え

コラーゲンは肌内部でその保水力からハリを保ち、細胞同士をしっかりと結合させて乾燥を防いでいます。

肌においてコラーゲンは非常に大きな割合を占め、真皮では7割以上がコラーゲンでできているくらいです。

そのコラーゲンが不足してしまうと、肌は乾燥し、細胞同士の結びつきも弱くなってしまいます。

その結果として、乾燥肌、しわやたるみ、また肌のターンオーバーが乱れることからくすみなどのトラブルも生じやすくなります。

そして肌のバリア機能も衰え、紫外線ダメージを直接受けてしまう事によりさらに老化が進行します。

肌においてコラーゲンが不足するということは、エイジングサインの全てが表に出やすくなってしまうということにつながるのです。

エイジングケアについては「コラーゲンでエイジングケア、リフトアップ効果抜群のコラーゲンのパワー」でも詳しく解説しています。

骨や軟骨の衰え

や軟骨は、あまりコラーゲンとはイメージ的に結びつかないかもしれません。

しかし、骨や軟骨は、カルシウムだけでは形成することができないのをご存じでしょうか。

実は、骨や軟骨を作るためには、コラーゲンもかなりの量が必要になるのです。

ここでコラーゲンが不足してしまうと、新しい骨や軟骨が作りだせないだけでなく、作りだす骨や軟骨もコラーゲン不足で高密度のものが作れません。

将来的に骨折しやすくなったり、骨粗鬆症などの原因につながってしまいます。

筋肉や腱の強度、柔軟性が低下

また、コラーゲンが重要な事として知られる筋肉や腱の部分も問題が生じるといえるでしょう。

コラーゲンを主成分とする部分で、コラーゲンの特徴である細胞同士の結びつきが重要となる部分だからです。

筋肉や腱の部分の形成にコラーゲンが不足すると、筋肉量を維持できない他、関節、腱の強度、柔軟性に問題だ生じ、関節痛などのトラブルにつながります。

コラーゲンは腰痛にも関連がありますので、「コラーゲン不足は腰痛を招く?コラーゲンでカラダ改善」も参考にしてください。

血管の衰え

形成する時に必要とする成分のほとんどがコラーゲンという血管も、コラーゲン不足で直接的に大きなダメージを受ける体の機能だといえるでしょう。

血管の形成から、柔軟性、強度、自己修復力をつかさどっているのはコラーゲンの役割です。

そのコラーゲンが不足してしまうことで、血管は柔軟性や強度が弱く、さらに傷口の修復力も乏しい血管になってしまいます。

その結果として、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞など、恐ろしい血管の病気を引き起こす引き金となってしまう可能性があります。

血圧に関しては「コラーゲンで血圧が下がる?コラーゲン摂取で血圧をコントロールしよう!」でも解説しています。

免疫力ダウン

コラーゲンは体内のさまざまな内臓の形成、修復にも深くかかわっている成分です。

内臓の強度や伸縮性弾力や傷修復の能力を決定づけているのがコラーゲンの役割です。

コラーゲンが不足しこうした機能が低下してしまうことで、体全体の機能がダウンして免疫力の低下につながります。

特に内臓は、さまざまな理由で日々傷つき、それを修復することで体を維持している機関となります。

その内臓の修復や再生に必要なコラーゲンが不足してしまうということは、体を維持していくだけの力や、元の状態に戻すという免疫機能を上手く働かせることができない状態になってしまうということになるのです。

まとめ

このように、コラーゲンが不足するということは、エイジングサインが出て見た目の衰えを進行させたり、年齢による関節痛を招くというだけでなく、たくさんの深刻な事態を作りだしてしまうことになります。

しかし、年齢を重ねるごとに落ちるコラーゲン合成能力、そして体内のコラーゲン量は、減少低下し続けてしまいます。

そこで、コラーゲンを毎日定期的に継続して補い、減っていってしまうコラーゲンに急ブレーキをかける必要があるのです。

意外と知られていないコラーゲンの体内での重要性、この機会にあなたもぜひコラーゲンが不足しない生活を心がけてみましょう。

コラーゲンの効果などについて「コラーゲンは即効性がある?コラーゲンの効き目が出る期間は?」でもまとめています。

コラーゲンを積極的に摂取することは、若々しく元気に過ごすだけでなく、恐ろしい病気から体を守ることにもつながります。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank