453b7818fdeb45e69c8326ed96efea98_s

美肌、健康、コラーゲンで可能な効果はいくつもありますが、その中に不妊というキーワードも入っているのをご存じですか?

コラーゲンで不妊?そう考えてしまうかもしれませんが、不妊とコラーゲン摂取、その関係性をご紹介します。

晩婚化や高齢出産が多くなる昨今、不妊は他人事ではなくなっています

6b32e744ed25ffd4b75b0542df6f620d_s

社会において、近年女性の活躍する場所がどんどん増え、それにつれ問題となっているのが晩婚化や高齢出産の増加です。

そして、出産年齢が上がるにつれ、出てくる問題といえば、不妊です。

不妊治療にかかる医療費は膨大となり、深刻な問題になっています。

高齢になるほど妊娠出産の確率は低下

高齢になると卵子や精子の質の低下、そして体の各器官の機能低下などにより、出産することはおろか、妊娠する確率さえ低下します。

晩婚化や高齢出産で、一家族当たりの子供の人数が少ない

不妊治療にたくさんのお金と時間がかかるため、一家族当たりで持てる子供の人数が少なくなります。

不妊治療にかかる費用と時間が少なければ少ないほど、持てる子供の数も増え、経済的精神的負担も小さくなる事になります。

不妊対策の一つとして、自分ですぐにでもできる方法、それがコラーゲン

fa5527f6dfb60e4da3d9ceee1adc4b04_s

不妊治療には、じつに膨大な時間とお金がかかるものです。

不妊治療をしたからといって、すぐに妊娠して子供を授かることができるわけではなく、何年も治療をして、たくさんのお金をつぎ込んだにも関わらず、結局子供を持つ事ができないというケースもあります。

しかし、中には、一度の不妊治療で、すぐに妊娠、そして出産にまで至るという人もいることが確かです。

この違いは何なのでしょうか。

若いほど妊娠出産の確率が高いわけ

妊娠したり、出産したりできる確率は、若ければ若いほど高くなるという事実があります。これは、体内での細胞の活動が活発で、新陳代謝に優れ、より新しい卵子の放出や、卵巣、子宮の状態が優れているからです。

そして、こうした一つ一つの細胞を形成することに大きく関わっている成分がコラーゲンです。

コラーゲンが年齢とともにどんどん減少するの反比例するように、妊娠する確率や出産できる確率は、年齢が進むごとに減少していくのです。

体内のコラーゲンの量は、妊娠や出産できる確率と深い関係性がある事は言うまでもありません。

卵子や精子も細胞、その形成に大きく関わるコラーゲン

390ade4f5786b2a6ff94dfa6e9d6cd84_s

人間の細胞の形成には、コラーゲンという成分が欠かせません。そして、その細胞の質においても、コラーゲンは大きな役割と占めています。

妊娠、出産するために必要な、卵子、精子、この両方も、細胞から作られています。

良質なコラーゲンがあれば、良質な細胞が形成され、より妊娠したり出産したりするのに有利な環境を作りだすことができるのです。

不妊はホルモンのコントロールが重要、ホルモンにも良い影響をもたらすコラーゲン

女性は特に、妊娠出産する際に重要なのは、ホルモンのバランスやその分泌量です。

エストロゲンやプロゲステロンといった、妊娠出産に関わる重要なホルモンの働きが正常でないと、妊娠するための体作りも、出産まで赤ちゃんを守るための体内環境も作りだすことはできません。

そして、このホルモンの状態を良好にするということにも、コラーゲンが大きく関係しています。

体内での代謝などをスムーズにして、ホルモンの分泌も促す、コラーゲン摂取するということは、内分泌にも大きな影響を及ぼすということにつながるのです。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank