5a76b91cb0a2c7c6fcb5ed6e7a9def62_s

日常的に意識してコラーゲンを摂取することは、どの年代の人においても大切な事です。健康維持においても、美容においても、非常に重要な事になります。

コラーゲンが豊富な食材を意識して取り入れることで、年とともに減少する体内のコラーゲンを補いましょう。

コラーゲンを豊富に含んでいる食べ物は?

980a02c24102f2130d4ca08aa11bf040_s

コラーゲンと一口に言っても、実はコラーゲンは大きく2種類に分けることができるといえます。その2種類はどんなコラーゲンか、それは動物由来のコラーゲンと、魚由来のマリンコラーゲンの2種類です。

この2種類のうち、主に動物から取ることのできるコラーゲンは牛肉や豚肉、鶏肉のほか、軟骨などの食べ物に多く含まれます。

一方で、海の生物や魚類由来のコラーゲンは、魚やすっぽんなどに多く含まれているコラーゲンです。

一般的に動物に含まれるコラーゲンよりも、魚などに含まれるコラーゲンの方が分子が小さく、体に吸収されやすいとされています。

コラーゲンの吸収率を高めたい方は「コラーゲンの吸収率は?アップさせるためにはどうすれば良い?」もあわせてご覧ください。

一日に摂取したいコラーゲンの量

b6a71f0ad72a9ef31b188dd2db1ee7d5_s

一般的に、ごく普通の食生活をしている女性が一日に摂取するコラーゲンの平均値は、1900mgですが、食事制限やダイエットによる食生活の乱れなどがあると、平均値を下回っている可能性もあります。

そして、健康や美容の維持のために摂取したい一日のコラーゲン量に理想は、5000mg~10000mgとされています。

コラーゲンの1日に最適な摂取量とは?摂り過ぎは心配?」でも説明していますが、一日の目標値を5000mgに設定すると、約3000mgのコラーゲンを補う必要があります。

コラーゲン自体のカロリーはほぼゼロといえますが、コラーゲンが含まれる食材は、同時に脂肪も多く含まれているものが多く、コラーゲン量の不足分をすべて食事から賄うとなると、摂取カロリーは非常に高くなり、健康的にも美容的にもマイナスになってしまうことは明らかです。

そこで利用したいのが、コラーゲン商品です。

昨今コラーゲン商品はさまざまなタイプのものが開発、販売されていて、自分に合った摂取方法を多くの選択肢の中から選ぶことができるようになりました。

また、現在発売されているコラーゲン商品に含まれているコラーゲンは、低分子化したコラーゲンペプチドとしてあるものがほとんどで、摂取したコラーゲンを無駄にすることなく、体に吸収させることができるようになっています。

コラーゲンは、もともと分子が大きく、非常に吸収率の悪いタンパク質ですから、食べ物から摂取したとしても、その摂取したコラーゲンのすべてを吸収できるとは限りません。

無理に食材からコラーゲンを摂取するより、健康的にも美容的にも、吸収率の効率を考えても、コラーゲン商品を利用する方がメリットが大きいといえるのです。

コラーゲンが不足するとどうなる?コラーゲン不足にご用心」でもまとめていますが、コラーゲンを多く含む食品を摂取し、コラーゲンが不足しないように努めることは、美容と健康にとって重要です。

その上で、コラーゲン商品をプラスし、食事ではまかなえないコラーゲンの不足分を効率よく補うことが、最善の選択と言えるのです。

コラーゲンが多い食品プラスコラーゲン商品で理想のコラーゲン摂取を実現

コラーゲンはタンパク質の一種で、に多く含まれています

コラーゲンが多い食品を心がけて摂取することで、より健康的にも美容的にも大きな効果を得ることができるようになります。

そして、それに加えて、毎日の生活スタイルの中にコラーゲン商品を取り入れることで、より理想的なコラーゲン摂取を実現することができるようになるのです。

コラーゲンの多い食品

0cffb8c2b1c5f3fde65ba42bf58186b2_s

コラーゲンの多い食品は、タンパク質を豊富に含む食品だともいえるでしょう。

そして、コラーゲンは、動物由来のコラーゲンと魚などの海洋生物由来のマリンコラーゲの2種類があります。

まず、動物由来のコラーゲンとして、コラーゲンが多いとされているのが、鶏皮豚足や豚バラ、牛スジ、軟骨、手羽先などがあげられます。

そして、魚などの海洋生物由来のマリンコラーゲンを多く含む食品は、フカヒレやエイヒレ、うなぎ、ナマコ、すっぽん、エビ、クラゲなどです。

これらの食品を意識して日常の食事に取り入れることで、コラーゲンをより多く摂取することができるようになるでしょう。

しかし、これらコラーゲンが多いとされる食品は、高値や入手しづらいなどの理由で、毎日食べるというのは難しいかもしれません。

また高脂肪や高カロリー食品も多く、大量に食べ続けてしまうと健康を害してしまう可能性もあり、健康や美容目的のコラーゲン摂取なのに本末転倒、という結果にもなりかねません。

普段の食事に、コラーゲン豊富な食材を取り入れるだけでもだいぶ違いますから、少し工夫をしながらコラーゲンを取り入れるようにしましょう。

不足分はコラーゲン商品で完璧に補う

現在発売されているコラーゲン商品には、非常に優秀なコラーゲンが豊富に配合されています。

多くの商品には、吸収率の高いコラーゲンペプチドが配合され、一日に摂取したい理想のコラーゲン摂取量をしっかりと満たす分の、十分なコラーゲンが配合されています。

毎日の食事では、コラーゲンの必要摂取量を満たすことはできませんし、食事から摂取するコラーゲンを体に吸収させるには、限度があります。

食べ物から吸収できずに排出されてしまったり、そもそも食事からのコラーゲン摂取量が不足しているのを補うには、コラーゲン商品を利用するのがベストなのです。

また、コラーゲンの摂取による副作用については「コラーゲンの過剰摂取で副作用はある?」も参考にしてください。

まとめ

無理をして必要量のすべてを食品から得ようとせず、吸収率を高めてある、優秀なコラーゲンをふんだんに配合しているコラーゲン商品を利用する。

これがコラーゲン摂取において、最も効率よく、効果を得ることができる方法だといえるでしょう。

そしてまた、美容や健康に効果のあるヒアルロン酸ビタミンCなどの成分を同時に配合している商品も多いので、コラーゲン以外も良い成分を摂取できるというメリットもついてきます。

コラーゲンを食品からの摂取と同時に、良質なコラーゲン商品を加えて、不足しているコラーゲンを補い、この方法が、コラーゲン摂取の完ぺきな方法だといえるでしょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank