コラーゲンの種類はたくさんありますが、コラーゲンといって一般的にイメージするのが動物性コラーゲンという人も多いのではないでしょうか。

その一般的なイメージ通り、動物性コラーゲンはコラーゲンの中でも非常に大きな割合を占め、昔から今に至るまで広く色々な分野で活用されています。

アニマルコラーゲンとも呼ばれ動物のや軟骨、皮などから抽出されるタンパク質から由来する動物性コラーゲンとはいったいどのようなものなのでしょうか。

 動物性コラーゲンのメリット

動物性コラーゲンの最大のメリットが熱に非常に強いという点です。耐熱性に優れているため加工しやすく、さまざまなものに広く加工することができるという点が魅力となります。

コラーゲンを含む化粧品や健康食品をはじめとしてゼラチンや食品などに対しても利用されることが多く、加工のしやすさから比較的値段が低く安価で利用することができるという点も利点だといえます。

また原材料となる動物も多く、牛や豚、鶏の皮、骨や軟骨などさまざまな部分からたくさん抽出できるという点も利用しやすい点です。

 動物性コラーゲンのデメリット

上記のように非常に利用しやすい動物性コラーゲンにも、デメリットがいくつかあります。

しかし昨今では動物性コラーゲンのデメリットを克服して、より利用しやすく効果を高くしたコラーゲンも登場しています。

 独特の臭みやにおいが出やすい

動物性コラーゲンは、純度をアップさせると動物性コラーゲン独特のにおいや風味が気になるという点があります。

 吸収率が低い

動物性コラーゲンは、分子の大きさが大きいためマリンコラーゲン植物性コラーゲンに比べて吸収率が低くなります。

また、牛や豚、鶏は平均して体温が38度前後と言われるのに比べて、人間の体温の平均は36度と若干低いため、人間の体温よりも高い温度で生成される動物性コラーゲンが体内消化に時間がかかるという点も吸収率を低くしている要因となっています。

 純度を高くするのが難しい

動物性コラーゲンの原料は動物となるため、コラーゲンを抽出する際に脂肪分やカルシウムなどのミネラルが混ざってしまい、純度を高める作業が他のコラーゲンの原料よりもたくさんの工程を経なければなりません。

そのため、純度を高くするとその分手間がかかり高額になるという弱点があります。

 動物性コラーゲンも現代の技術で価格ダウン、吸収率アップが実現している

しかしながら、昨今の科学技術の進歩によって、動物性コラーゲンのたくさんのメリットも見つかりつつあります。

そして吸収率が低いという動物性コラーゲンの弱点を克服すべく、低分子化にも成功し、より高い吸収率をもつ動物性コラーゲンが登場しています。

独特のにおいに関しても、さわやかな風味や柑橘系の味付けによってだいぶ和らいでいるといえます。

たくさん作りだすことができる動物性コラーゲンの利用の幅や可能性は広がってきているのです。

まとめ

動物性コラーゲンはアレルギーなどがなければ、比較的安価で手軽に利用することができるうえ、昨今に技術によって吸収率や風味、味やにおいにもいても非常に良くなっています。

利用しやすく幅広い可能性がある動物性コラーゲンを、あなたのコラーゲン生活の中にもぜひ賢く取り入れてみてください。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank